Netflixオリジナルシリーズ「アンブレラ・アカデミー」、 ヒーロー感ゼロのビジュアル&予告編公開! 人気コミックを映像化、クセ強すぎ凸凹兄弟は地球滅亡を救えるか!?

Netflixは、Netflixオリジナルシリーズ『アンブレラ・アカデミー』を2月15日(金)より全世界同時オンラインストリーミングする。この度、本作のビジュアルと予告編が公開された。

1989年、世界中で妊娠していない43人の女性が同日同時刻に突然出産するという事件が発生、億万長者の実業家であるレジナルド・ハーグリーヴズ卿が、特殊な能力を持つ7人の子供を養子として引き取り、世界を救うスーパーヒーローに育てる“アンブレラ・アカデミー”を創設。

しかし計画通りには進まず、子供たちが育ち、ティーンエイジャーになると家族は散り散りになり、アンブレラ・アカデミーは解散、さらに時は経ち、ある日父は謎の死を遂げてしまう。父の死を弔うため、大人に成長した兄弟姉妹は嫌々ながらも再集結、特殊能力により地球が8日後に滅亡することを知った彼らは、人類を救うため、そして父の死に隠された謎を解明しようと立ち上がることに・・・。

この度公開された予告編では、彼らの誕生からアンブレラ・アカデミーの創立、成長していく姿が描かれている。しかし、ルーサー(トム・ホッパー)、ディエゴ(デヴィッド・カスタネダ)、アリソン(エミー・レイバー・ ランプマン)、クラウス(ロバート・シーアン)、ヴァーニャ(エレン・ペイジ)、ナンバーファイブ(エイダン・ギャラガ―)ら、兄弟姉妹は“クセが強すぎ”で、性格も能力もやる気もバラバラなため、またしても家族の関係に亀裂が生じ始める。

【動画】『アンブレラ・アカデミー』予告編

またビジュアルでは“スーパー機能不全家族”のコピーと共に“アンブレラ・アカデミー”だけに傘をさした彼らが全くまとまりなくたたずんでおり、とてもスーパーヒーローの姿とは思えない。本当に彼らは地球の危機に立ち向かうことができるのか?

原作は、日本の音楽番組出演や、武道館ライブを実施した経験を持ち、惜しまれながらも解散したアメリカの人気ロックバンド「マイ・ケミカル・ロマンス」のヴォーカリスト:ジェラルド・ウェイが手掛けた同名コミック。

全米でマーベル・コミック、DCコミックスと肩を並べる出版社、ダークホースコミックスから出版されたこの人気コミックは、個性的なキャラクターたちが繰り広げる人間模様とバトルアクション、誰も予想ができないストーリーで、通常のヒーローものとは一味違う複雑な展開により、アメコミファンはもちろん、批評家からも絶賛され、米コミック界で権威のあるアイズナー賞を受賞している。

兄弟の中で唯一スーパーパワーを持たないヴァーニャの役割は一体何なのか?そしてどのように彼らが地球滅亡の危機に立ち向かうのか?そして現れていない兄弟の行方は?待望の配信開始にますます期待が高まる。

アンブレラ・アカデミー

配信情報

Netflixオリジナルシリーズ「アンブレラ・アカデミー」
2月15日(金)独占配信開始

NETFLIX「クィア・アイ」の日本上陸が決定! ファブ5はすでに来日中

2019.01.25

Netflix2月の最新作&注目作「ロマンティックじゃない?」「セカンド・アクト​」「ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー​」など

2019.01.24

「アベンジャーズ」クリス・エヴァンス&トム・ホランドが再共演! NETFLIXが新作映画「The Devil All the Time」の豪華キャストを発表

2019.01.21