ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

大人気ドラマ「フレンズ」のプロデューサーが、涙ながらに告白! 「多様性が足りなかった」

大人気海外ドラマ「フレンズ」
大人気海外ドラマ「フレンズ」

大ヒットドラマ「フレンズ」や「グレイス&フランキー」などの制作を手掛けたプロデューサーのマルタ・カウフマン(63)が、テレビ業界の大規模イベント「ATXテレビフェスティバル」にオンライン参加。自身のこれまでの作品では多様性を十分に発揮できていなかったと、後悔の念をにじませた。

マルタ・カウフマンは同イベントのパネルディスカッションにて、「もっと知識を持っておくべきだったわ。今知っていることを当時きちんと理解していれば、ストーリーはもっと変わっていたかもしれないのに」と涙ながらに語った。

さらに、「いつも、自分の会社の人間に対しては多様性を受け入れるよう声かけをしていたつもりだったの。でも、私自身が十分でなかった。最近は、今の私に何ができるのか、これまでとどのように変えられるのか、新しい姿を番組でどのように表現できるのか、そればかり考えているわ。でも本来であれば、番組を作り始める時点から知っておくべきことだったのよね」と付け加えた。

このパネルディスカッションには、ドラマ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」や「オリジナルズ」にて現場責任者を務めたジュリー・プレックも参加しており、彼女も同じような問題を抱えていたことを明かした。

「私にとっても、すごく難しい問題だったわ。まずは、自分が無知だという事実を認めることから始めなければならなかったの」と語っている。

なお、ドラマ「フレンズ」で主演の1人フィービー・ブッフェ役を演じたリサ・クドローも、当時のこのドラマには多様性が欠けていたことを認めており、現代版で作り直すことになればかなりの変化が見られるだろうと明かしていた。また、同じく主演の1人ロス・ゲラーを演じたデヴィッド・シュワイマーは、かつてこのドラマ内で有色人種の女性と交際することを自ら進言したと語っている。

リサ・クドローと、マシュー・ペリー

「フレンズ」フィービー役リサ・クドロー、チャンドラー役のマシュー・ペリーからプレゼントされた思い出の品について明かす[動画あり]

2020年5月30日
リサ・クドロー

人気海外ドラマ「フレンズ」特別エピソードは、ファンだけでなくキャストたちも大興奮! フィービー役リサ・クドローが明かす

2020年5月28日
「フレンズ」のオフィシャルクックブック

人気ドラマ「フレンズ」のオフィシャルクックブックが発売! ドラマに登場した70ものレシピが収録

2020年5月22日
マシュー・ペリー

人気海外ドラマ「フレンズ」マシュー・ペリー、恋人との破局後に出会い系アプリを再開

2020年5月20日
「フレンズ」

人気海外ドラマ「フレンズ」は白人主義ドラマ!? この批判にフィービー役のリサ・クドローが反論

2020年5月19日
tvgrooveをフォロー!