祝!「シッツ・クリーク」とキャサリン・オハラ 2020年TCA賞圧勝は「ウォッチメン」 

「シッツ・クリーク」の受賞を祝う公式ツイート。TCA会員が観た受賞スピーチは、番組クリエイター、ダン・レヴィから、共同制作をしようと誘われて同乗した父ユージン・レヴィが行なった。

9月早々にバーチャルでTCA賞授賞式をすると幹部からお達しがあったので、楽しみにしていたのですが. . .9月14日に受賞者発表のメールが送られてきて、受賞スピーチを集めたビデオをTCAのホームページで観るように指示がありました。何だ、バーチャルと言うのは、そう言う意味だったんですか?がっかり。

8月27日にお届けした「何の抵抗もなく、最終投票できた異例の2020年TCA賞」で私のたってのお願いを発表しましたが、叶ったのは
個人功労賞コメディ部門      キャサリン・オハラ(「シッツ・クリーク」モイラ・ローズ役)
最優秀コメディ賞             「シッツ・クリーク」
のみでした。「エミーは全く当てにならないので、TCA賞だけでも獲得して欲しい。」の念力が通じたのでしょうか?やったー!

「シッツ・クリーク6」から拾ったモイラ・ローズ語彙集なる面白い動画を発見しました。語彙を増やしたい方、是非ご覧下さい。

 

その他のカテゴリーは、全滅でした。但し、「ウォッチメン」の圧勝を予測していたのは確かです。それが証拠に、「オタク要素の強い『ウォッチメン』はTCA会員好みではある」とキャプション(「何の抵抗もなく、最終投票できた異例の2020年TCA賞」参照)にひっそりと恐怖を忍ばせました。悪い予感がしたのです。(笑)

個人功労賞ドラマ部門                                 レジーナ・キング(「ウォッチメン」アンジェラ・アバール役)
2019~2020年シーズンの最優秀作品賞 「ウォッチメン」
2019~2020年シーズンの最優秀新作賞 「ウォッチメン」
ミニシリーズ/限定シリーズ部門最優秀作品賞 「ウォッチメン」

最優秀ドラマ賞 「キング・オブ・メディア」

私がイチオシしていた「アンビリーバブル たった1つの真実」や毎年ノミネートされながら一向に賞がとれない「グッド・ファイト」の敗北は、残念無念としか言いようがありません。ノミネートは一回限りと言う理由から、もっともしのぎを削る戦いが繰り広げられた
2019~2020年シーズンの最優秀新作賞
ミニシリーズ/限定シリーズ部門最優秀作品賞
のいずれかに「ミセス・アメリカ」が入らなかったのも、解せません。秀作だったのに. . .

ま、文句を言っても後の祭りなので、キャサリン・オハラと「シッツ・クリーク」が受賞したことに乾杯します。2020年、唯一の喜ばしい出来事です。

tvgrooveをフォロー!