『ファンタスティック・ビースト3』ワンシーンだけ撮影に参加したジョニー・デップ、降板後も高額のギャラを受け取ることに

ジョニー・デップ
ゲラート・グリンデルバルドを演じたジョニー・デップ

先日、『ファンタスティック・ビースト』の最新作『ファンタスティック・ビースト3(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 3)』の降板を表明したジョニー・デップ。彼は、降板が決定する前、本作のワンシーンだけ撮影に参加していたのだが、そのギャラに注目が集まっている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Grindelwald’s on the loose. #FantasticBeasts

Fantastic Beasts(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿 -

ScreenRantによると、ジョニーは、契約時の満額である1000万ドル(約10億円)以上を受け取ることになるという。ジョニーの契約は、映画が製作されなかったり、役が再度キャスティングされた場合でも、全額の給料を支払わなければならないと規定されているという。ハリウッドの大物スターにはよくある、ペイ・オア・プレイ契約と呼ばれているものだ。

ジョニーは同シリーズの2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演し、最大の黒幕である魔法使いゲラート・グリンデルバルドを好演。最新作にも登場する予定だった。しかし、ジョニーの元妻であるアンバーがジョニーの家庭内暴力を告発したことから、その当時から物議を醸していた。

ワーナー・ブラザースと、ハリー・ポッターの作家兼ファンタスティック・ビーストの脚本家であるJ.K.ローリングは、ジョニーを支持していたものの、今年7月に行われた英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判にジョニーが敗訴。その後、ワーナー・ブラザーズがジョニーに“辞任するように頼んだ(彼を解雇したが、平和的に去るようにジョニーに選択肢を与えた)”後、ジョニーは自ら『ファンタスティック・ビースト』シリーズから去ることを表明したと報道されている。

ジョニーが演じたゲラート・グリンデルバルド役は、再度キャスティングされることが決定している。果たして、ジョニーの後任となる俳優は誰なのだろうか・・・。

アンバー・ハード

ジョニー・デップの敗訴後、元妻アンバー・ハードのもとに過激なメッセージが殺到!「地獄で焼かれて欲しい」

2020年11月9日
ジョニー・デップ

ワーナー・ブラザーズ、ジョニー・デップが電撃降板した『ファンタビ』グリンデルワルド役を再キャスティングすると発表!ファンが期待しているのは前作に登場したあの俳優

2020年11月7日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、『ファンタスティック・ビースト3』ゲラート・グリンデルバルド役を降板 声明文を発表[写真あり]

2020年11月7日
ジョニー・デップとアンバー・ハード(2015年)

【速報】ジョニー・デップ、英メディアに対する名誉棄損の裁判で敗訴が確定

2020年11月2日
シーアと、ジョニー・デップ

歌手のシーア、泥沼裁判中のジョニー・デップを完全擁護! 「ジョニーは明らかに被害者」

2020年10月16日
tvgrooveをフォロー!