テイラー・スウィフト、またもや大ニュースをほのめかし? さりげない写真の中にファンがみつけたヒントとは[写真あり]

テイラー・スウィフト
テイラー・スウィフト

人気歌手テイラー・スウィフトのとある投稿が、「次のニュースのほのめかしなのでは」とファンが予想を立てている。

テイラー・スウィフトは11月22日、家のソファーに座っているモノクロ写真を投稿。セーターにジーンズとラフな格好でくつろいでいるようで、「今は特に何も起こってない(not a lot going on at the moment)」とキャプションをつけた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taylor Swift(@taylorswift)がシェアした投稿

しかしこれを見たファンは「なにか深い意味があるはず」と期待している。なぜなら、テイラーは全く同じ「特に何も起こってない」といったフレーズを4月28日にインスタグラムに投稿している。その後テイラーは新アルバム「フォークロア」をサプライズリリース。Insiderによると、この「なにも起こっていない」と言っていた時期は同作のシングル曲「カーディガン」を書き終えた時だという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Taylor Swift(@taylorswift)がシェアした投稿

テイラーは先日、自分の手元を離れてしまった過去6作品の版権の関係で、これらの再レコーディングを開始したとSNSで報告している。これをふまえ、ファンたちは11月22日の投稿を鋭く分析。

ファンが見つけたヒントの要素はまず、彼女のキャプション「not a lot going on at the moment」。これは過去のシングル「22」のMVの中で着ているTシャツに書かれているフレーズだ。さらにテーブルの上に置かれたメガネは、「We Are Never Getting Back Together」のMVに出てきているものと似ている。そして窓には24個のスペースがあるが、そのうち二つはテイラーの頭で隠され見えていないため合計22個。「22」というのもテイラーの過去の楽曲だ。またこの2曲が収録されているアルバムは2012年リリースの「Red」。ちなみに同作は2012年10月22日にリリースされている。

この理由から、「テイラーが『Red』の再レコーディングを終えたのでは?」と予想するファンが多く出てきているのだ。

テイラーの版権が彼女のもとを離れてしまっているのは、デビューアルバムを含む最初の6枚のアルバム。しかし法的にテイラーは、2020年11月以降であればこれらすべてのアルバムを再度録音しなすことができ、新たにレコーディングをしたアルバムの版権は自分で持つことができる。

以前、彼女はSNSにて「最近私は過去の曲を再レコーディングしていて、とても楽しいしクリエイティブです。みんなにはたくさんサプライズがあるよ。この事態に対するみんなのサポートに感謝します。みんなに早く私がしていることを聞いて欲しいな」と、再レコーディングしていることを発表している。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、Apple Musicの最優秀ソングライター賞を受賞! しかしファンたちが一番注目したのはテイラーの髪型だった…!?[動画あり]

2020年11月20日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、楽曲「All Too Well」は当初レコーディングした際10分もの長さの楽曲になっていたと明かす! さらに「放送禁止用語も含まれていたの」

2020年11月18日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、ソングライターとしての別名ニルス・ショーベリについてついにコメント! 「しばらくの間みんな気づかなくて…」

2020年11月17日
テイラー・スウィフト(左)、スクーター・ブラウン

テイラー・スウィフトの楽曲版権をスクーター・ブラウンが売却! テイラー本人が声明を発表し驚きの「裏のやりとり」を暴露[写真あり]

2020年11月17日
テイラー・スウィフトと、ジョー・アルウィン

テイラー・スウィフト、恋人ジョー・アルウィンとの恋愛について珍しくコメント! 「少しでも正常性を見つけようとしているの」と語った理由とは

2020年11月16日
tvgrooveをフォロー!