ジョニー・デップと過去に共演した俳優、ジョニーの“優しさ”について語る!さらに裁判に敗訴したジョニーに対してもコメント「私が言えるのは彼は素晴らしい人」

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ

2009年のクライム映画『パブリック・エネミーズ(原題: Public Enemies)』ジョニー・デップと共演した俳優のスティーヴン・ドーフがジョニーについてPageSixに語り、話題となっている。

『パブリック・エネミーズ(原題: Public Enemies)』英語版予告↓

スティーヴンは撮影現場で一緒だったジョニーのことを「偉大な男でした」と表現した。「私は当時、母を亡くしたばかりで、人生で最も傷つきやすい状態でした。その時、彼は寛大でとても親しみやすく、私に接してくれたのです。俳優としてのヒーローと、監督としてのヒーロー(マイケル・マン監督)と一緒に演技ができたのです」と当時、ジョニーに優しく接してもらったというエピソードを語った。

スティーヴン・ドーフ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Page Six(@pagesix)がシェアした投稿

ジョニーといえば、今年7月に行われた英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判に敗訴。さらには、『ファンタスティック・ビースト』の最新作『ファンタスティック・ビースト3(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 3)』の降板を表明し、世間に衝撃を与えた。スティーヴンはこの件に関して深くは言及しなかったものの「彼のためにも、彼女(アンバー・ハード)のためにも、何かがきっかけで癒されることを願っています。真実は、この人(ジョニー)は、とても素晴らしい人で、僕に対して素晴らしいことをしてくれたのです。私が言えるのはそれだけです」とジョニーをサポートするコメントもした。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny Depp(@johnnydepp)がシェアした投稿

ジョニーは、降板の声明文の中で「イギリスの裁判所での理解しがたい判決は、真実を伝えるための私の戦いを変えるものではありません」「私の決意は依然として強く、私に対する疑惑が虚偽であることを証明するつもりです。私の人生とキャリアは、この瞬間を境に決まるものではありません」と綴り、上訴する意思を表明している。

マッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト3』降板のジョニー・デップの代役として交渉中と噂されているマッツ・ミケルセン本人がコメント! 意外な回答にファンたちもビックリ…?

2020年11月20日
アンバー・ハード

『ファンタビ3』降板のジョニー・デップのようにワーナー・ブラザーズがアンバー・ハードに『アクアマン2』辞任を求めることは不可能・・・?その理由とは?

2020年11月17日
ジュード・ロウと、ジョニー・デップ

ジュード・ロウ、『ファンタスティック・ビースト3』での元共演者ジョニー・デップ降板について初めてコメント 「ぼくにできることは…」

2020年11月16日
J.K.ローリングとジョニー・デップ

ジョニー・デップ『ファンタビ3』降板のとき、かつてジョニーを支持していたJ.K.ローリングは「解雇に反対しなかった」

2020年11月13日
アンバー・ハード

ファン激怒!ジョニー・デップの『ファンタビ3』降板後、アンバー・ハードを『アクアマン2』から解雇させるための請願書にケタ違いの署名が集まる

2020年11月13日
tvgrooveをフォロー!