ジュード・ロウ、『ファンタスティック・ビースト3』での元共演者ジョニー・デップ降板について初めてコメント 「ぼくにできることは…」

ジュード・ロウと、ジョニー・デップ
ジュード・ロウと、ジョニー・デップ

俳優のジュード・ロウが、映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフである人気映画『ファンタスティック・ビースト』シリーズの最新作『ファンタスティック・ビースト3(仮題)』での、ジョニー・デップの降板についてコメントした。

ジョニー・デップは、同シリーズの2作目である『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で、最大の黒幕である魔法使いのゲラート・グリンデルバルドを好演した。最新作となる3作目にも登場する予定で、すでにワンシーンの撮影をおこなったが、ジョニーの元妻であるアンバー・ハードがジョニーの家庭内暴力を告発したことから、その当時から物議を醸し、さらに先日英サン紙を相手取った名誉棄損裁判をおこなったものの敗訴。その後ワーナー・ブラザースから辞任するよう頼まれ、それにジョニーが同意した。現在は、誰がジョニーの代わりにグリンデルバルドを演じるかも話題となっている。

そんな中、同シリーズで若き日のダンブルドアを演じている俳優のジュード・ロウが、ジョニー降板について自身の想いを明かした。

先日「Entertainment Tonight」の取材に応じたジュード・ロウは、同シリーズについて「これは大作で、非常に多くの層があるんだ。ぼくが今まで仕事してきた中でもおそらくトップレベルの大作だね。そしてこのような状況は、スタジオの判断に従うよ。ぼくにできることはそれだけなんだ。自分の役割を果たす必要があるからね」と、語った。

さらにジュードは「実際、この特定の役において、ジョニーはたった1日しか撮影を行わなかったから、そういったことはぼくには珍しいできごとだった。このようなシリーズものは、大きな決断を下すのはスタジオと会社だ。ぼくたちはチームのメンバーにすぎないから、それに従わなければいけないんだ」と、自身の立場を踏まえ、個人的な感情について述べることはなかった。

J.K.ローリングとジョニー・デップ

ジョニー・デップ『ファンタビ3』降板のとき、かつてジョニーを支持していたJ.K.ローリングは「解雇に反対しなかった」

2020年11月13日
アンバー・ハード

ファン激怒!ジョニー・デップの『ファンタビ3』降板後、アンバー・ハードを『アクアマン2』から解雇させるための請願書にケタ違いの署名が集まる

2020年11月13日
マッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト3』ジョニー・デップが降板したゲラート・グリンデルバルド役にマッツ・ミケルセンが交渉中

2020年11月11日
グレイブスを演じるコリン・ファレル

『ファンタビ』ジョニー・デップ後任の最有力候補だったコリン・ファレルが、グリンデルバルドを演じるのは不可能?あの話題作出演で超多忙

2020年11月11日
ジョニー・デップ

『ファンタスティック・ビースト3』ワンシーンだけ撮影に参加したジョニー・デップ、降板後も高額のギャラを受け取ることに

2020年11月10日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、『ファンタスティック・ビースト3』ゲラート・グリンデルバルド役を降板 声明文を発表[写真あり]

2020年11月7日
tvgrooveをフォロー!