「クローン・ウォーズ」、なぜアナキン・スカイウォーカーは惑星ムスタファーでダース・ベイダーになったのか その場所が重要だった理由とは

アナキン・スカイウォーカー
アナキン・スカイウォーカー

スター・ウォーズ』シリーズのアニメ版「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」のシーズン3では、アナキン・スカイウォーカーがシス卿ダース・ベイダーになる1年前、彼がダークサイドへ興味を持ち始める様子が描かれている。そしてこのエピソードの中では、なぜアナキン・スカイウォーカーにとって惑星ムスタファーがとても重要だったのかも明らかにされた。

アナキンはエピソードの終盤で再びジェダイに戻るが、彼が短期間でジェダイから転落する様子は、彼が1年後最終的にシスになった理由を物語っている。

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」シーズン3の17話「未来の選択」では、アナキン、アソーカ、オビ=ワンが地図に存在しない謎だらけの星モーティスに降り立った。その星には神のようなフォースの使い手が3人存在しており、それそれが異なる側面を持っていた。

父は宇宙のフォース、娘は生命力のフォース、息子はフォースのダークサイドを体現しているように見られたのだ。息子はアナキンをダークサイドに転向させようとし、ダース・ベイダーとなったアナキンの未来像を見せることで彼を説得しようとする。

未来のビジョンに恐怖したアナキンはどうにかこの絶望を回避できないかと、ダークサイドに堕ちることを受け入れ、息子に従うことにしたのだ。しかしそこに父が現れ、アナキンに植え付けられたダークサイドの記憶を消し、息子の策略は失敗に終わった。ここで描かれたアナキンのジレンマは、『シスの復讐』でのムスタファーにおけるアナキンの状況と似ている部分がある。

出産によって妻が命を落としてまうという現実から逃れるべく、皇帝パルパティーンに従うことでダークサイドの力によってパドメを救おうとするのだ。アナキンにとって、ダークサイドの力とシスは単なる手段にすぎなかったのだ。しかし、なんとか悲しい現実から逃れようとしたアナキンの選択が、結果としてさらなる悲しい現実を生んでしまった。

Disney+ (ディズニープラス)

「クローン・ウォーズ」で描かれたダークサイドの様子が、惑星ムスタファーによく似ているのは、新三部作で描かれるアナキンのダークサイド転向の様子に近づけるための意図的なものだろう。惑星ムスタファ―は、「ダークサイド」そのものを描くために重要な存在だったのだ。

ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、フィンのグッズを集める熱烈ファンに反応し夢を叶える! 「君を見てるよ」[写真あり]

2021年1月22日
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』

『スター・ウォーズ』なぜカイロ・レンとファースト・オーダーは、ダーク・トルーパーを使わなかったのか

2021年1月20日
スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

『スター・ウォーズ』キング牧師記念日のツイートが大炎上! ファンたちが訴えたいこととは

2021年1月20日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』スピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」の撮影セットの建設風景が初公開 [写真あり]

2021年1月18日
tvgrooveをフォロー!