トム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作のタイトルがついに発表! ネタバレを避け、ユニークな形での発表に思わず爆笑[動画あり]

左からジェイコブ・バタロン、トム・ホランド、ゼンデイヤ
左からジェイコブ・バタロン、トム・ホランド、ゼンデイヤ

マーベルの新作映画『スパイダーマン3(仮)』のタイトルがついに“正式に”発表された。

主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役をトム・ホランド、親友ネッド役をジェイコブ・バタロン、MJ役をゼンデイヤが演じ、現在シリーズ3作目を撮影中の『スパイダーマン』最新作。そのタイトルが話題となっている。

2月24日、トム・ホランドがインスタグラムを更新。そこには「新しいスパイダーマンのタイトルを発表するよ。僕たちの仕事を見てもらえることを楽しみにしてる。アトランタより、愛を込めて」と書き、写真を2枚投稿。写真の2枚目には『スパイダーマン:フォン・ホーム』と書かれており、これが新作のタイトルであると発表したのだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tom Holland(@tomholland2013)がシェアした投稿

実はこれは、名作映画『E.T.』にて、エイリアンのE.T.が「家に電話したい」という意味で「ウチ、デンワ」と言う有名なセリフにかけたジョーク。さらにジェイコブは新作タイトルは『スパイダーマン:ホーム・レッカー』と発表し、ゼンデイヤは『スパイダーマン:ホーム・スライス』だと発表。これまでトム・ホランドがなんどもネタバレをしてきたため、今回は3人が発表して、ファンたちを困惑させる作戦に出たようだ。

そんな中、ついに『スパイダーマン』最新作のタイトルがユニークなかたちで発表された。

公開された動画では、トムが監督の部屋から出てくるも、ゼンデイヤとジェイコブは「どうせまたウソのタイトルだよ」と疑っている様子。トムは「なんで本当のタイトルを教えてくれないんだよ」と怒り気味に言うと、ジェイコブは「お前ネタバレ王じゃん」とツッコミをいれる。

オフィスを去る三人だが、通り過ぎたホワイトボードに正式なタイトルが書かれているというオチだ。正式なタイトルは『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(SPIDER-MAN: No Way Home)』であることが明らかになった。

タイトルからして、もしかしてピーター・パーカーは絶体絶命と思われる危険にさらされるのかもしれない。またホワイトボードの周りには「ホーム・アローン」「ステイ・アット・ホーム」「ワーク・フロム・ホーム」といった、ホームにかけたジョークのタイトルもたくさん書かれている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は今年のクリスマスに米公開決定。

トム・ホランド(左)、ジョン・ボイエガ

『スパイダーマン』トム・ホランド、実は『スター・ウォーズ』のオーディションに落ちていた! 彼がトライしたのはあの主要キャラ

2021年2月24日
左からトム・ホランド、ゼンデイヤ、ジェイコブ・バタロン

トム・ホランド、『スパイダーマン3』タイトルをついに発表! ・・・でもやはりジョーク? 3つのタイトルにファンが困惑[写真あり]

2021年2月24日
トム・ホランド(左)とゼンデイヤ

トム・ホランド、「スパイダーマン3の監督が本当にかわいそう」! その笑える理由とは?

2021年2月17日
デイジー・リドリー

デイジー・リドリー、『スター・ウォーズ』撮影終了時は「一日中泣いた」と告白! その理由とは

2021年2月1日
ジョン・ボイエガ

ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ』シリーズへの参加は「贅沢な監獄」!? そう表現した理由とは・・

2021年1月27日
tvgrooveをフォロー!