ジャスティン・ビーバー、新アルバム収録曲はセレーナ・ゴメスの過去曲のアンサーソング? ファンがそう予想する楽曲とは・・・[動画あり]

セレーナ・ゴメス(左)、ジャスティン・ビーバー
セレーナ・ゴメス(左)、ジャスティン・ビーバー

人気歌手ジャスティン・ビーバーの最新アルバム「ジャスティス」のとある収録曲が、彼の元交際相手であるセレーナ・ゴメスの過去の楽曲にリンクしているのでは、とファンが推測している。

ジャスティン・ビーバーは新アルバム「ジャスティス」を3月19日にリリース。同アルバムの11曲目には「ゴースト」という楽曲が収録されている。今回TikTokユーザーの「maryamalrazooqi」は、このジャスティンの「ゴースト」の歌詞と、セレーナ・ゴメスが2010年にリリースしたアルバム「ア・イヤー・ウィズアウト・レイン」の収録曲である「ゴースト・オブ・ユー」に共通点があるのではと指摘した。

@maryamalrazooqiShit😳💔!!!!!! ##Jelena ##Ghost ##JustinBieber ##Justice ##SelenaGomez ##Selena ##Justin Ghost was Justin's goodbye to Selena.. 💔♬ original sound - Maryamalrazooqi

このユーザーはセレーナの「ゴースト・オブ・ユー」とジャスティンの「ゴースト」の歌詞で、類似している部分を並べている。セレーナの「ゴースト・オブ・ユー」の歌詞では「でも私は、あなたのゴーストから逃れられないと思う」と歌われている。一方ジャスティンの「ゴースト」では「知ってほしい、もし僕が君の近くにいられないなら、君のゴーストでなんとか我慢するよ」といった歌詞となっている。

このTikTokユーザーは「ジャスティンの『ゴースト』は、セレーナへの“さよなら”だったんだ・・・」と書き、自身の解釈を綴っている。

もちろんこのジャスティンの歌詞がセレーナのものとリンクしたようにきこえるのは、まったくの偶然の可能性もある。

実際にジャスティンは、同曲の歌詞について英国版Vogueに対し「これは愛する人を失うことについての歌。特に去年(2020年)は愛する人や恋愛を失って、多くの人にとって大変な1年だったからし。この歌詞は自主隔離の状況にもあてはまる。前と同じように人と関わることができなくなった」と、パンデミックの状況にも当てはまる歌詞だと話している。

ジャスティンとセレーナは2010年頃から約10年間、付き合ったり別れたりを繰り返していた。しかし2019年の春ごろに2人は最後に破局し、ジャスティンはその同年夏に現在の妻でモデルのヘイリー・ビーバーと婚約。9月には法的な結婚をし、現在もラブラブな様子を見せている。

ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバーの最新アルバム「ジャスティス」にまさかの批難殺到! その理由はあのスピーチ・・?

2021年3月22日
セレーナ・ゴメスと、ヘイリー・ビーバー

ヘイリー・ビーバー、夫ジャスティン・ビーバーの元カノのセレーナ・ゴメスをあるかたちでサポート? 彼女が起こしたちょっとしたアクションにファンたちが注目[写真あり]

2021年3月15日
セレーナ・ゴメス

セレーナ・ゴメス、新作ドラマの共演者であるあの人物との交際のウワサについてコメントを発表! 「こういうのが仕事におけるイヤな部分」[写真あり]

2021年3月13日
ジャスティン・ビーバー

ジャスティン・ビーバー、国際女性デーに自身の過去の女性に対する考えを反省!「昔はうぶで女性に共感していなかった」

2021年3月11日
ジャスティン・ビーバー(左)、セレーナ・ゴメス

「ジャスティン・ビーバーvセレーナ・ゴメス」がツイッターでトレンド入り! 「復縁した?」とウワサされるも、その意外な真相は・・・?[写真あり]

2021年3月10日
tvgrooveをフォロー!