先月亡くなられたイギリス王室のフィリップ殿下、王室のドクターが死因を発表

英フィリップ王配(エディンバラ公爵フィリップ王配)
英フィリップ王配(エディンバラ公爵フィリップ王配)

先月9日に、99歳でこの世を去ったエリザべス女王の夫エディンバラ公爵フィリップ殿下。この度イギリス王室のドクターより、彼の死因が公式に発表された。

Daily Telegraphがフィリップ殿下の死亡証明書とともに報じた彼の死因は「老衰」だった。さて、「老衰」とはどのようなものなのだろうか?専門家たちによると、「老衰」の定義は80歳以上で、1人の医者に長年診察を受けていたこと、また他に死因となりえる病気や怪我がない人に適用されるという。

しかしフィリップ殿下は晩年、さまざまな病気を抱えていたことが明らかになっている。心疾患もその一つで、今年2月には治療のため4週間入院していた。それでも、「老衰」がフィリップ殿下の死因として公表されるということは、王室独自のルールがあるのだろう。それでもアメリカからの視点で考えると、まるで「自然災害による死」と同じように扱われるくらい不自然だ。

これまで報道されている通り、フィリップ殿下の葬儀は先月17日(土)ウインザー城内にあるセント・ジョージ礼拝堂で執り行われた。昨年王室を離脱し現在アメリカ・カリフォルニアに住む孫のヘンリー王子も緊急帰国し、葬儀に出席している。

ヘンリー王子は妻のメーガン妃とともに今年3月、大物司会者オプラ・ウィンフリーとの対談に応じ、メーガン妃が王室内でメンタルヘルスの問題を患ったことや経済的支援を失ったこと、当時妊娠中だった長男アーチー君に対する人種差別的な発言があったことを暴露して話題になっていた。

そんな中今回ヘンリー王子が緊急帰国したことで、インタビュー後初めて王室メンバーと顔を合わせることになった。かねてから確執がウワサされていたこともあり注目が集まっていたが、実際父のチャールズ皇太子と兄のウィリアム王子とは少し話をしたようだ。

ヘンリー王子

ヘンリー王子、久しぶりに公の場に登場! 新型コロナ収束のためには「世界中にワクチンを行き渡らせるべき」[写真・動画あり]

2021年5月6日
ハリー王子&メーガン妃(左)、チャールズ皇太子

チャールズ皇太子、息子ヘンリー王子を「まだ許す気になっていない」

2021年5月3日
エリザベス女王と、メーガン妃

メーガン妃と息子アーチー君、フィリップ殿下の葬儀前にエリザベス女王と話していた! 女王の反応とは・・

2021年4月27日
ウィリアム王子と、ヘンリー王子

ウィリアム王子とヘンリー王子のわだかまりを和らげたのはあの人物だった・・? 「〇〇が2人のために一生懸命努力した」

2021年4月22日
クリッシー・テイゲンとメーガン妃

クリッシー・テイゲン、流産経験後にメーガン妃から連絡があったことを明かす「彼女はとても親切だったわ」

2021年4月21日

 

tvgrooveをフォロー!