『ファンタスティック・ビースト』グリンデルバルド役を務めるマッツ・ミケルセン、前任のジョニー・デップとは「ぜひ話がしたかった」

ジョニー・デップとマッツ・ミケルセン
ジョニー・デップとマッツ・ミケルセン

映画『ファンタスティック・ビースト3(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 3)』で、ジョニー・デップの代わりにグリンデルバルド役を務めることとなった俳優のマッツ・ミケルセンが、ジョニーと「ぜひ話がしたかった」と語った。

ジョニーは『ファンタスティック・ビースト』シリーズの2作目『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に出演し、最大の黒幕である魔法使いゲラート・グリンデルバルドを好演。最新作にも登場する予定だった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fantastic Beasts(@fantasticbeastsmovie)がシェアした投稿

しかし、昨年ジョニーは、「元妻アンバー・ハードを殴った者」と記事を書いた英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判を起こすも敗訴。その後、『ファンタスティック・ビースト』の最新作『ファンタスティック・ビースト3』の降板を表明した。

タイムズ紙の新たな報道によると、マッツはジョニーが降板したことについて「明らかに彼らは映画を制作するつもりだったし、明らかに彼(ジョニー)はもう関わっていない。でも、ぼくはその戦いには関与していない」と語り、「(ジョニーの私生活で)何があったのかはわからない。彼が仕事を失ったことが公平だったのかどうかもわからない。でもこのショーが続くことだけは知っていた。機会があればそのことについて話したかったけど、でも彼を知らないんだ」とコメントしている。

また役のオファーを受けたときのことについては「彼らはぼくに電話をかけてきて、明らかに急いでいたし、ぼくは脚本を気に入ったので、イエスと答えたんだ」と、多くの人が物議を醸すことを知った上で了承したという。

ケヴィン・ガスリー

『ファンタスティック・ビースト』でアナバシーを演じた俳優、性的暴行で懲役3年の判決を受ける

2021年5月15日
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

『ファンタスティック・ビースト』最新作でジョニー・デップの後任となったマッツ・ミケルセン、ジョニーの演じ方をまねるつもりはないと断言! 「僕のやり方で演じる」

2021年5月3日
ジョニー・デップとマッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト3』出演決定のマッツ・ミケルセン、ジョニー・デップとは「まだ話していない」[動画あり]

2020年12月22日
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

『ファンタスティック・ビースト3』でジョニー・デップの後任となったマッツ・ミケルセンがその心境を初告白! 「架け橋がなければいけない」

2020年12月4日
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

マッツ・ミケルセン、『ファンタスティック・ビースト3』でジョニー・デップの後任としてグリンデルバルド役を演じることが正式に決定

2020年11月26日
tvgrooveをフォロー!