マッツ・ミケルセン、『ファンタスティック・ビースト3』でジョニー・デップの後任としてグリンデルバルド役を演じることが正式に決定

マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

ドラマ「ハンニバル」や映画『偽りなき者』などで知られるマッツ・ミケルセンが、映画『ファンタスティック・ビースト3(仮題)』で、ジョニー・デップの代わりにグリンデルバルド役を務めると、ワーナー・ブラザースが認めた。Deadlineが伝えている。

映画『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフである『ファンタスティック・ビースト』シリーズで、ジョニー・デップは黒の魔術師ゲラート・グリンデルバルドを演じ、最新作となる3作目にも登場する予定であったが、ジョニーは最近まで行われていた、イギリスのメディアのザ・サンを相手取った名誉毀損裁判で敗訴。その後ワーナー・ブラザースがジョニーに降板を求め、ジョニーはそれを承諾した。またジョニーは降板が決定する前に、本作のワンシーンだけ撮影に参加。契約時の満額である1000万ドル(約10億円)以上を受け取ったと伝えられている。

その後、俳優のマッツ・ミケルセンがジョニーの後釜を務めるのではないのかとウワサされていたが、ついにワーナー・ブラザースがそれを正式に認めた。

以前、Deadlineが、マッツがジョニーの後任として交渉中であるという第一報を伝え、それをワーナーが認める形となったという。

先日、ウワサについて聞かれたマッツは、「新聞でみんなが見たのと同じくらいぼくも知っている。ぼくはその(交渉の)電話を待っているのさ」とジョーク交じりに明かし、そのインタビュー公開からすぐあとに正式決定となった。

現在『ファンタスティック・ビースト3』は、イギリスのロンドン近郊のスタジオで撮影が行われており、これまでとは違ったまったく新しい世界を駆け巡る冒険となっているという。マッツが演じるグリンデルバルドはいったいどのようなものになるか気になるところ…。

マッツ・ミケルセン

『ファンタスティック・ビースト3』降板のジョニー・デップの代役として交渉中と噂されているマッツ・ミケルセン本人がコメント! 意外な回答にファンたちもビックリ…?

2020年11月20日
ジュード・ロウと、ジョニー・デップ

ジュード・ロウ、『ファンタスティック・ビースト3』での元共演者ジョニー・デップ降板について初めてコメント 「ぼくにできることは…」

2020年11月16日
ファンタスティック・ビースト

『ファンタスティック・ビースト3』新たな米公開日が決定!2022年夏に公開予定

2020年11月10日
ジョニー・デップ

『ファンタスティック・ビースト3』ワンシーンだけ撮影に参加したジョニー・デップ、降板後も高額のギャラを受け取ることに

2020年11月10日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、『ファンタスティック・ビースト3』ゲラート・グリンデルバルド役を降板 声明文を発表[写真あり]

2020年11月7日
tvgrooveをフォロー!