コスタリカ出身のオリンピック体操選手、ステージで「Black Lives Matter」の象徴である拳を掲げる[写真あり]

ルシアナ・アルバラド選手
ルシアナ・アルバラド選手

コスタリカの体操選手であるルシアナ・アルバラドさんは、今週末東京オリンピックに出場し、片ひざをついて拳を突き上げ、「Black Lives Matter」運動に敬意を表すポーズをとったことが話題となった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TODAY(@todayshow)がシェアした投稿

18歳のアルバラド選手は、コスタリカ出身の体操選手として初めてオリンピック出場を果たした選手。TMZによると、彼女は今回、自身のステージを使って拳を突き上げたポーズを見せたことは「特別だ」と語った。「私たちはみんな同じ、みんな美しくて素晴らしいのです」と彼女はコメントしたという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Noticiero Tilarán(@noticierotilaran)がシェアした投稿

アルバラド選手の演技は12.166点で、決勝進出はならなかったが、東京での時間を最大限に活用したことは確かだ。彼女は「Black Lives Matter」に賛同して国際的な舞台で抗議活動を行った初めての選手でもある。

この彼女のこの行動に、ネット上では「このパワフルな女性を本当に誇りに思うわ」「もっとたくさんの人がプラットフォームを使って発信するべき」「ゴージャスだった」「すばらしいことね」という声が寄せられている。

「Black Lives Matter」は昨年、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイドさんが白人警官に7分以上も首を圧迫され、そのまま亡くなってしまった事件発生から、アメリカだけでなく世界中に広がった抗議運動。ジャスティン・ビーバーやセレーナ・ゴメス、ドウェイン・ジョンソンなど様々な海外セレブたちもこの事件や抗議デモのことについて、強いメッセージを発信している。

NBCUniversal

東京2020オリンピック・パラリンピック開会式、アメリカNBC放送での視聴者数は過去33年間で最低記録に

2021年7月27日
ピッタ・タウファトフア選手

テコンドーのトンガ代表選手、東京オリンピック開会式での“オイルがテカテカの筋肉隆々ボディ”が話題に[写真あり]

2021年7月26日
大坂なおみ選手

この1年で最も「稼いだ」オリンピック選手は!? ランキング形式で紹介! 1位の選手はなんと年収82億円

2021年7月26日
リース・マクレナガン

オリンピック体操選手のリース・マクレナガン、日本の選手村の“セックス防止ベッド”が本当に壊れやすいのか検証する動画を投稿! ベッドの上でジャンプしてみた結果・・[動画あり]

2021年7月20日
オリンピックのロゴ

アメリカ、オリンピック参加選手たちの国歌斉唱中の“こぶし突き上げ”許可へ 「Black Lives Matter(黒人の命も大切)」が与えた影響とは

2021年4月2日
tvgrooveをフォロー!