『ホーム・アローン』の新リメイク版「Home Sweet Home Alone」の予告編がついに公開! 主人公の少年が一人ぼっちの家で泥棒相手に爆笑ドタバタ大奮闘・・オリジナル版との違いとは?[動画あり]

『Home Sweet Home Alone』NEWS
『Home Sweet Home Alone』

人気映画『ホーム・アローン』の新リメイク版となる『Home Sweet Home Alone(原題)』の予告編がついに公開された。

【動画】Home Sweet Home Alone | Official Trailer | Disney+

『ホーム・アローン』は、1990年に公開されたアメリカのコメディ映画。クリスマスに裕福なマカリスター家がパリに行くことになるのだが、旅行の当日に寝坊。あわてて家を飛び出したが、8歳の息子ケヴィンを家に置いてきてしまう。家にひとり置き去りにされたケヴィンは、泥棒から我が家を守るため、ありとあらゆる手を使って奮闘する。この映画は大ヒットを飛ばし、主演のマコーレー・カルキンは世界的子役スターとなった。

2019年3月、ディズニーは20世紀フォックスを買収し、同社の大ヒット映画である『ホーム・アローン』のリメイクを制作、ディズニーのストリーミングサービスのディズニープラスで配信することを発表。さらに主演を務めるのは映画『ジョジョ・ラビット』アーチー・イェーツであることも発表された。

Hulu | Disney+ セットプラン

そして今回ついに『ホーム・アローン』のリメイク版『Home Sweet Home Alone』の予告編が公開された。

マーサー家は、クリスマスに日本の東京に旅行へ行くのだが、一家は10歳の息子マックスを家に置いてきてしまう。さぞかし寂しく思っているだろうと心配する母親だが、マックスはひとりになったことに大興奮。そんな中2人の泥棒がやってきて、彼らを退治するためありとあらゆる仕掛けを駆使し、家を守ることに全力を尽くす。

オリジナルとストーリーは一緒だが、主人公の名前がケヴィンからマックスに変わり、また家族の旅行先が日本に。また印象的な泥棒2人組もオリジナル版では男性2人だったが、リメイク版では男女の2人となっている。またマックスが泥棒退治に使う道具も、変化が加えられている。

『Home Sweet Home Alone』は2021年11月12日ディズニープラスで独占配信。

tvgrooveをフォロー!