SNSに愛されたシンデレラ・ボーイ HRVY(ハーヴィー)初来日インタビュー! リトル・ミックスとのドキドキ共演を振り返る

HRVY
HRVY

SNSでの音楽活動が注目され、14歳でメジャーデビュー。ヒット曲「Personal」のミュージックビデオが2億再生回を超えるなど目覚ましい活躍をしている、今大注目のシンデレラ・ボーイ、HRVY(読み方:ハーヴィー、20)が初来日を果たした。

待望のニューシングル「Told You So」が3月15日にリリースされたばかりのHRVY。「新世代のジャスティン・ティンバーレイク」とも評される美少年の彼(本名Harvey Leigh Cantwell)は、1999年1月28日にイギリスのケント郡で生まれた。8歳の時から音楽に興味を持ち、14歳の時にFacebookに公開したジャスティン・ティンバーレイク「Mirrors」のカヴァー動画が話題となり、SNSの世界で一躍有名に。同じく14歳にして、英・BBCのTV番組「CBBC’s Friday Download」の子ども司会に抜擢され、HRVYの知名度は一気に加速した。

彼はこれまでにリトル・ミックスジェシー・J、ジョナス・ブルー、ザ・ヴァンプスなどイギリスを代表する様々なアーティストから声がかかり、共演を果たす。

そんな大注目のニューポップスター、HRVYが初来日。TVGrooveは日本に到着してまだ数時間しか経っていない彼にインタビュー。初来日の感想、デビューまでの道のり、リトル・ミックスやザ・ヴァンプスとの共演の裏話などたっぷり語ってもらった。

HRVY

初来日はどう?

Q.はじめまして!お元気ですか?

HRVY: 飛行機から降りたばかりだから少し疲れてるね!ロンドンから12時間のフライトだったんだよ。今イギリスは何時?

― (スタッフ)5時だよ。

HRVY: おはようだね(笑)。でも飛行機で寝れたから大丈夫だよ。

Q.今回が初来日ということですが、さっき日本に着いたばかりということは、まだ日本のどこにも行けていないんですね?

HRVY: 本当にどこにも行っていない(笑)。飛行機からホテルに行って、さっと15分シャワーを浴びて直接ここに来たからね。でもここに来る途中に通ったレインボーブリッジは絶対行きたいね!素晴らしい景色だったよ。数日間しかいられないから楽しまなきゃ。

Q.ここ(インタビュー場所)は原宿ですが、原宿が若者のファッションの街だと知っていますか?

HRVY: 知らなかったよ。ロンドンにも同じような若者向けの通りがあるけどね。買い物大好きだから絶対に歩きたい!

Q.日本に来る前、日本にはどんなイメージを持っていましたか?

HRVY: 大きなスクリーンがあって人が沢山いるって感じかな。カラフルで明るくて。あとファッションが素晴らしいとも思ってたよ。それに映画の「ワイルド・スピード」が大好きだから楽しみにしていたよ。

初めて日本に来る方はタクシーのドアが自動で開くことにびっくりすることが多いみたいですよ。

HRVY: 本当に?それも知らなかった。タクシーにも乗らなきゃだね。あと街中に自動販売機があるよね!イギリスにはないから驚いたよ。全部の販売機を『何が入ってるんだ?』って見ちゃう(笑)

先輩アーティストとの共演を振り返って

Q.現在20歳とお若いですが、どのようにキャリアをスタートさせたかお聞かせください。

HRVY: 僕は人生でずっと歌っているんだけど、真剣に始めたのは13歳の時。一番最初にFacebookにビデオを投稿して、最初は友達だけが見ていたんだ。少し恥ずかしかったけどね(笑)。それを友達がシェアして、さらに友達の友達が見て、っていうのを繰り返していたらレコード・レーベルと契約することになったんだ。

素晴らしいですね!

HRVY: そうなんだよ。それでスタジオで音楽制作をはじめたり、イギリスでTV番組に出るようになったんだ。学校を卒業して音楽に専念できるようになって、今では世界を回ってる。13歳から初めて今はもう20歳なんて、クレイジーだよね。

Q.レコードデビューが決まったときのお気持ちは?

HRVY:よく覚えているよ。僕がレーベルと契約したのは14歳だったんだ。ジェシー・Jのサポートアーティストとして人生で初めてステージに立って、大興奮した後に楽屋に戻ったら、マネージャーが『アーティストの友人が来ているからちょっと彼に歌ってあげてよ』って言ってきたから、彼の言う通りに歌ったんだ。そしたらその人はアーティストではなくて、実はレーベルの人だったんだよ!レーベルの人が来るって言ったら僕が怖気づくのをマネージャーが分かっていて、僕をだましたんだ(笑)。でもそれで契約に至ったんだよ。

HRVY

Q.15歳でリトル・ミックスのオープニングアクトをされましたよね。その時の感想は?

HRVY: その当時はアリーナで歌う経験もほぼなかったからすごく緊張したね。覚えているのは、最初のステージではずっと下を向きながらパフォーマンスしたってこと。怖くて上を向けなかったんだ(笑)。

リトル・ミックスのメンバーとはどんな話をしましたか?

HRVY: 彼女たちは最高の女の子だよ!優しくてとても謙虚なんだ。僕の名前が書いてあるケーキをプレゼントしてくれたりね。僕が一緒にツアーを周っていた時より全然有名になったけど、今でもコンサート会場が一緒になると「ハーイ」って言いに来てくれるんだ。本当にいい人たちだよ。

― リトル・ミックスはブリット・アワード2019で「最優秀ブリティッシュ・ビデオ賞」を受賞しましたよね。

HRVY: そうそう!彼女たちは本当に一生懸命やっているから、受賞して当然だよ。一緒に仕事をしてから数年立つけど、彼女たちは全く歳をとらないしクールだよね。

Q.2018年にはザ・ヴァンプスのオープニングアクトも務めましたよね。プレイしてみてどうでしたか?

HRVY: うん、彼らとは昔から仲良くてね。実は昨日の夜も会ってたんだ。前と比べて2018年は自信もついていたから楽しむことが出来たよ。自分の中で最高のステージも出来たと思う。そしてまた今年の4月から彼らとツアーを周るしね。すごくワクワクしてるよ。

歌詞は実体験・・・?

Q.HRVYさんのヒットソング「Personal」は、「好きな女の子を振り向かせるために頑張るけど、なかなかうまくいかない」といった内容の歌詞ですよね。これはご自身の実体験ですか?

HRVY: 全てが実話っていうわけじゃないかな。歌詞には「彼女は僕の友達みんなに色目を使う」っていうのがあるんだけど、実際僕が学生だった時に色んな男子に色目を使う女子がいたんだ。だけど『Personal』の歌詞は想像も入ってるよ。

― 全ての曲で歌詞も書かれているんですか?

HRVY: ほぼね。たまに僕らに送られてくる曲で、気に入ればそのまま歌うこともあるけど、歌詞を書くことは大切にしているよ。

歌詞も書いて、ビデオではダンスもしてもちろん歌もうまいなんて、すごい才能ですね!

HRVY: ダンスは頑張ってやったって感じだけどね(笑)。ありがとう。でもまだまだだよ。

【動画】HRVY - Personal

 

Q.2013年(当時13歳)にデビューシングル「Thank You」を発売し、これまでもEPを2枚リリースしているHRVYさんですが、これからのリリース予定は?

HRVY: 新シングル「Told You So」がリリースされたから聞いてほしいな!2日前までこの曲のMVをロサンゼルスで撮っていたんだ。これからまだ沢山の曲を出していく予定だよ。今年の終わりにはアルバムを出せたらいいなって思ってるけど、ちゃんと準備が整っていればだね。今年はシングルを沢山出して、アルバムは来年くらいになるかもしれないな。

Q.プライベートはどのように過ごしてますか?

HRVY: 家でゲームをするのが好きで、今は「フォートナイト」にハマってるんだ。大好きだよ。あとは映画を見たり、ショッピングも好き。服やファッションがとても好きだね。この前、車の免許のテストに合格して、車も買ったから運転の練習もしてるね。

スポーツは何かしますか?

HRVY: 上と下に男兄弟がいて、ふたりともフットボールをやっていたんだけど、真ん中の僕だけやってないんだよね(笑)。そのかわり音楽をやったって感じかな。でもスポーツは大好きだよ。

View this post on Instagram

Say waddup to pikachu .... he’s my spirit animal

A post shared by H (@hrvy) on

憧れはあのバンド!

Q.昨年出演したイベント「Radio 1’s Teen Awards 2018」では大歓声を浴びていましたよね。まさに期待の若手アーティストといったHRVYさんですが、今後はどんな夢を達成したいですか?

HRVY: 自分のショーをやってみたいね。日本とか世界中を周って、言葉の壁はあると思うけどファンたちが僕の歌を歌ってくれたらすごく嬉しいな。僕は一つの目標を達成したらまたさらに大きな目標を立てるから、ゴールは常に変わっていくんだ。

努力家なんですね。

HRVY: 日本に来る途中に映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見たんだけど、クイーンも成功するまですごいクレイジーな道のりだったんだよね。彼らのことをあまり知らなかったけど、すごくインスパイアされた。

同じイギリス出身であるクイーンのようなアイコン的存在になりたいと思いますか?

HRVY: うん!映画を見て思ったのは、(ラミ・マレック演じる)フレディ・マーキュリーから目が話せないんだよね。他人からは「変」だとか「間違っている」と思われても、メンバーや友人はフレディを信じた。彼のクリエイティビティーを信じたから、爆発的に有名になったんだ。僕も、いつかはそんな風になれたらなと思うよ。

Q.日本でパフォーマンスする予定は?

HRVY: すごくしたいよ!今日も空港に着いたらファンが待っていてくれて、日本にファンがいてくれるなんて全然知らなかったから、びっくりしたよ。日本また来た時に本当にショーをやりたいと思っているよ。

Q.最後にファンにメッセージをお願いいたします。

HRVY: TVGrooveを見ているみんな、僕はHRVYです。ロンドン出身で歌手をしています!日本のみなさんが大好きだよ。僕の音楽を聞いて一緒に素敵な体験をしてくれると嬉しいな。また日本に来てショーができることを願っています。大好きだよ!ありがとう。


リリース情報

ニューシングル「Told You So」3月15日より配信中!

https://umj.lnk.to/HRVY_ToldYouSo