アレック・ボールドウィン、誤射事故発生直後の会話記録が公開される! 状況が把握できずパニック状態になるキャスト、スタッフらのやりとりが明らかに・・「いったい何が起きたんだ」「足の感覚がない」

左からハリナ・ハッチンス、アレック・ボールドウィン、ジョエル・ソウザ
左からハリナ・ハッチンス、アレック・ボールドウィン、ジョエル・ソウザ

西部劇をテーマにした最新映画『Rust(原題)』の撮影で起きた誤射事故。事故当時のアレック・ボールドウィンらの会話記録が公開された。

10月21日、俳優アレック・ボールドウィンが出演する最新映画『Rust(原題)』の撮影が、米ニューメキシコ州サンタフェにて、おこなわれていた。そこでアレックが小道具のプロップガン(模造銃)を撃ったところ、アシスタント・ディレクターに安全だと渡されたはずの銃が、なんと実弾が装填された銃であったことが明らかに。この誤射により、撮影監督のハリナ・ハッチンス(42)が死亡、監督のジョエル・ソウザ(48)が負傷するという悲惨な事故が起きた。

現在、警察の捜査が進められている中、銃撃事故当時の会話の記録が明らかになった。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、撮影監督のハリナ・ハッチンスが撃たれた後の瞬間に語られた内容を、キャストやスタッフへのインタビューをもとに、それらをつなぎ合わせ報じている。

事故の前、ボールドウィンは銃を引いて発砲するシーンの練習をし、それを実演していたという。ボールドウィンはソウザ監督に「じゃあこの銃を取り出して、引いて、『バン!』とやってみようか」と言ったという。

そして銃が発砲されると、ボールドウィンは「今、何が起きたんだ!?」と、おどろいた様子で言うと、銃の先にいたハッチンス撮影監督が被弾。そのまま電気技師の腕の中に倒れ込み、ソウザ監督は「今のはなんだったんだ!?発砲されたぞ!」と叫んだという。

何が起きたのか理解できず、ボールドウィンは再び「一体今何が起きたんだ!?」と言ったという。そして被弾したハッチンスは「足の感覚がない」と言い、別の人物が医者を求めて叫んだという。ハッチンスはヘリコプターですぐに搬送されたが、死亡が確認された。

現在、警察はさらなる調査を進め、ボールドウィンも調査に全面協力している。

アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件が起きた映画の“今後”について沈黙を破る「この作品の撮影が再開されることは・・・」

2021年11月2日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、誤射事故による撮影監督の死を受け、2度目のコメントを発表「1兆分の1の確率の事故が起きてしまった…」「彼女は僕の友人でした」

2021年11月1日
アレック・ボールドウィン(左)、ドナルド・トランプ・ジュニア

ドナルド・トランプ息子、銃誤射事件をネタにした商品を販売し批判殺到! Tシャツにまさかのメッセージ・・「アレック・ボールドウィンは人殺し」

2021年10月29日
アレック・ボールドウィン

銃誤射事件でアレック・ボールドウィンに銃を渡したアシスタントディレクター、以前にも“銃の扱い”で問題に・・・映画プロジェクトから解雇されていた

2021年10月27日
アレック・ボールドウィン

誤射事故を起こしたアレック・ボールドウィン、過去のあるツイートが急浮上・・ 「間違って誰かを殺してしまったらどう感じるべきなんだろう」

2021年10月26日
アレック・ボールドウィン

銃誤射事件で亡くなった映画撮影監督の父、初めて娘の死について語る・・銃を発射したアレック・ボールドウィンを「責めない」

2021年10月26日
tvgrooveをフォロー!