銃を誤射したアレック・ボールドウィン、映画のシーンで「銃の引き金を引くはずではなかった」 新たな訴訟でわかってきたこととは・・?

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

映画『Rust(原題)』の撮影中に、プロップガン(小道具の銃)が誤射され、撮影監督の女性、ハリナ・ハッチンスが死亡し、監督のジョエル・ソウザが負傷する事故が発生した件。銃を誤射した俳優アレック・ボールドウィンは、映画のシーンで銃の引き金を引くはずではなかったと新たな訴訟で主張されている。Insiderが報じている。

先週、この映画のチーフ電気技師であるセルジュ・スヴェトノイが、ロサンゼルスで過失訴訟を起こした。訴訟によると「撮影シーンは、教壇に座っていた被告ボールドウィンが胸に手を伸ばし、肩のホルスターから45口径のコルト・リボルバーを取り出し、カメラの方向に向けていた」という。また、アレックがコルト・リボルバーを撃つことはこのシーンで求められておらず、実弾は入ってなかったはずだったとの証言もある。

この訴訟では、アレックのほか、プロデューサー兼助監督のデイブ・ホールズと映画の武器担当のハンナ・ギテレス・リードが被告として名を連ねている。

スヴェトノイの弁護士は、訴訟の中で、アレックが問題のシーンの動きを確認していたときに、スヴェトノイは自分の方に銃が向けられているのを見たとしている。また、突然銃声を聞いたスヴェトノイは「右手から圧迫された空気のような奇妙で恐ろしい音を感じた」と説明。彼は銃から出たと思われる火薬などが顔の左側に直接当たり、メガネのレンズが傷つくのを感じたという。スヴェトノイは、今回の事件により、深刻な精神的苦痛を含む傷害を被ったとして、「この事件は、被告の過失による行為と不作為によって引き起こされた」と訴えている。

この事件は現在も警察の調査対象となっている。

アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件、なぜ実弾が装填されていたのか? 銃を用意した武器担当者は「ハメられた」と何者かによる妨害行為の可能性を主張

2021年11月12日
ヒラリア・ボールドウィンのインスタグラムより

銃誤射事件のアレック・ボールドウィン、笑顔でハロウィーンの家族写真に参加!これにはネット上で非難殺到・・・「ただただ残酷で不適切」[写真あり]

2021年11月3日
左からハリナ・ハッチンス、アレック・ボールドウィン、ジョエル・ソウザ

アレック・ボールドウィン、誤射事故発生直後の会話記録が公開される! 状況が把握できずパニック状態になるキャスト、スタッフらのやりとりが明らかに・・「いったい何が起きたんだ」「足の感覚がない」

2021年11月3日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件が起きた映画の“今後”について沈黙を破る「この作品の撮影が再開されることは・・・」

2021年11月2日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、誤射事故による撮影監督の死を受け、2度目のコメントを発表「1兆分の1の確率の事故が起きてしまった…」「彼女は僕の友人でした」

2021年11月1日
tvgrooveをフォロー!