ベネディクト・カンバーバッチ、『ドクター・ストレンジ2』を再撮影している理由を明かす「この映画の可能性を最大限に発揮するために・・」彼が語ったこととは?

『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ
『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でドクター・ストレンジ役を務めている人気俳優のベネディクト・カンバーバッチが、待望の新作『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』の再撮影を行なっていることを語り、その理由を明らかにした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marvel Studios(@marvelstudios)がシェアした投稿

ベネディクト・カンバーバッチが演じるドクター・ストレンジは、2016年の単独映画でMCUデビューを果たし、その後、『マイティ・ソー バトルロイヤル』や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場。そして、サンディエゴ・コミコン2019にて、『Doctor Strange In The Multiverse Of Madness(原題)』が正式に発表された。サム・ライミが監督がメガホンをとるこの作品、プロットの詳細などはまだ不明だが、タイトル的にマルチ・ユニバースの懸念を深く掘り下げた作品になると思われている。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) dアカウントでの入会方法はこちら↑

ベネディクトは最新のEmpire誌とのインタビューの中で、本作の再撮影を行なっている理由について語った。「現在、再撮影の真っ只中。この映画の可能性を最大限に発揮するために、スケジュールを組むのにとても苦労している。僕たちは、より良くしたいと思っているし、そのほかにも物流や新型コロナウイルスなどの理由でどうしてもできなかった部分があるんだ。それが原因で制作が遅れたんだよ」と述べた。

「再撮影」と聞くと、何か良くないことが起こったのか、出来が悪かったのかなど否定的な意味合いとして捉える人も多いが、彼はファンにより良い作品を届けたいという思いで再撮影に挑んでいるようだ。

『Doctor Strange in the Multiverse of Madness(原題)』は、2022年5月6日に米公開予定。また、ドクター・ストレンジはマーベル最新作『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に登場することでも期待が高まっている。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』新・海外版ポスター

映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』新・海外版ポスター解禁!ヴィランに囲まれるスパイダーマンとドクター・ストレンジの姿が・・・[画像あり]

2021年11月16日
『Doctor Strange in the Multiverse of Madness (原題)』

ファンショック・・・ディズニーが注目作品の公開延期を続々発表! 『ドクター・ストレンジ2』や『ブラックパンサー2』など・・やはり新型コロナウイルスの大混乱が影響か

2021年10月20日
ベネディクト・カンバーバッチと、スカーレット・ヨハンソン

『ドクター・ストレンジ』ベネディクト・カンバーバッチ、マーベル仲間スカーレット・ヨハンソンの『ブラック・ウィドウ』訴訟に反応

2021年9月10日
ワンダヴィジョン

エリザベス・オルセン、「ワンダヴィジョン」と『ドクター・ストレンジ』続編の“つながり”を明かす! 「ワンダヴィジョンを見ておかないと・・」

2021年7月15日
『ドクター・ストレンジ』

『ドクター・ストレンジ2』は『インディ・ジョーンズ』よりも怖い! エリザベス・オルセンが語る「もっとダークなものになったと思う」

2021年6月24日
tvgrooveをフォロー!