クリステン・スチュワート主演『スペンサー』、オスカー前哨戦に続々ノミネーション!ゴールデングローブ賞にも期待がかかる[ノミネート一覧あり]

『スペンサー』Photo credit:Pablo Larrain

クリステン・スチュワートがダイアナ元妃を演じる話題作、『スペンサー』が2022年、全国公開となる。

すでに批評家から絶大な支持を受けている本作、アカデミー賞の呼び声も高く、サテライト賞(12 月 1 日発表)では作品賞、主演女優賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞の 5 部門ノミネート、ハリウッド映画批評家協会賞(12 月 2 日発表)でも、作品賞、監督賞、主演女優賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、インディペンデント映画賞の8 部門ノミネートされている。12 月 13 日(現地時間)に発表となる、ゴールデングローブ賞ノミネーションにも期待がかかっている。

現在のノミネート一覧

★サテライト賞 作品賞/主演女優賞(クリステン・スチュワート)/美術賞/衣装デザイン賞/作曲賞
★ハリウッド映画批評家協会賞 作品賞/監督賞(パブロ・ラライン監督)
主演女優賞(クリステン・スチュワート)/撮影賞/美術賞/
衣装デザイン賞/作曲賞/インディペンデント映画賞
★デトロイト映画批評家協会賞 主演女優賞(クリステン・スチュワート)
★ワシントン DC 映画批評家協会賞 主演女優賞(クリステン・スチュワート)/作曲賞

1997 年 8 月 31 日、ダイアナ元皇太子妃が交通事故で亡くなったというニュースは世界中に衝撃を与えた。スペンサー伯爵家の令嬢として誕生し、両親が 7 歳で離婚、チャールズ皇太子と恋に落ち、20 歳で結婚すると瞬く間に人気者となったダイアナ。世界中で「ダイアナ・フィーバー」を巻き起こし、2 人の息子を育て、死の直前まで人道支援活動に心を注いだ「愛の人」。36 歳という短い生涯を駆け抜けた彼女の生き様は世界中の人々に希望と共感を与え今なお愛され続けている。あふれる愛を人々に与え続けた彼女はあの時、何を思ったのか。没後 25 年となる 2022 年、世界は、だれも知らないダイアナを知る――。

ダイアナ元皇太子妃がその後の人生を変える決断をしたといわれる1991年のクリスマス休暇を描いた本作は、本年度のヴェネツィア国際映画祭、トロント映画祭と名だたる主要映画祭で上映し、話題をさらった本作。アメリカ最大の映画評論サイト、RottenTomato でも 84%の好意的評価を獲得。ダイアナを演じるのは、 『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワート。キャリア史上最高の演技と称された渾身の演技は、アカデミー賞最有力との呼び声も高い。

脇を固めるのは、ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、『英国王のスピーチ』のティモシー・スポール、『シェイプ・オブ・ウォーター』のサリー・ホーキンス、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のショーン・ハリスら名優たち。そして監督を務めるのは、『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でジャクリーン・ケネディの知られざる姿を描き、主演のナタリー・ポートマンをアカデミー賞ノミネートに導いたパブロ・ラライン。鋭い洞察力と確かな手腕でダイアナの孤独と苦しみを静かに浮き彫りにする。


『スペンサー』(C) 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

『スペンサー』(C) 2021 KOMPLIZEN SPENCER GmbH & SPENCER PRODUCTIONS LIMITED

STORY

1991 年のクリスマス。ダイアナ妃とチャールズ皇太子の夫婦関係はもう既に冷え切っていた。不倫や離婚の噂が飛び交う中、クリスマスを祝う王族が 集まったエリザベス女王の私邸サンドリンガム・ハウス。ダイアナ以外の誰もが平穏を取り繕い、何事もなかったかのように過ごしている。息子たちとのひと時を除いて、ダイアナが自分らしくいられる時間はどこにもなかった。ディナーも、教会での礼拝も、常に誰かに見られている。彼女の精神はすでに限界に達していた。追い詰められたダイアナは、生まれ育った故郷サンドリンガムで、今後の人生を決める一大決心をする――。

主演:クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ、『チャーリーズ・エンジェル』) ジャック・ファーシング(「風の勇士 ポルダーク」)、ティモシー・スポール
(『英国王のスピーチ』)、サリー・ホーキンス(『シェイプ・オブ・ウォーター』、ショーン・ハリス『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』)
監督:パプロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)
配給:STAR CHANNEL MOVIES

クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワート、もしダイアナ妃役でオスカーを受賞してもしなくても「気にしない」演技で高評価を得ている彼女が今思うこととは・・?

2021年11月19日
クリステン・スチュワート

『スペンサー』クリステン・スチュワート、ヴェネツィア国際映画祭でダイアナ妃のスタイルをセクシーにアレンジして登場[写真あり]

2021年9月5日
『スぺンサー(原題)』(C)Pablo Larraín

クリステン・スチュワートがダイアナ元皇太子妃を熱演! 賞レース候補と名高い注目作『スペンサー(原題)』、2022年日本公開決定

2021年8月30日
ダイアナ元皇太子妃

過去に故ダイアナ元妃をインタビューしたマーティン・バシール記者、アール・スペンサー伯爵に偽の資料を提供したという「デマ」の出どころは、実はダイアナ元妃であると主張

2021年3月23日
アメリア・スペンサーと、イライザ・スペンサー

故ダイアナ妃の姪であるアメリア&イライザ・スペンサー、パパラッチを回避する方法をダイアナ妃から教わっていた

2021年1月26日
tvgrooveをフォロー!