『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、なんと17年ぶりに名ゼリフ「フォースと共にあらんことを」を披露! 年を重ねた大人アナキンの姿にファン大興奮[動画あり]

ヘイデン・クリステンセン
ヘイデン・クリステンセン

今年、ディズニープラスで配信が決定している『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」。正確な配信日程は発表されていないものの、今回新しいプロモーション動画が公開され、アナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー)役として再登板する俳優のヘイデン・クリステンセンが登場し話題となっている。

この中でヘイデン・クリステンセンは、公開を心待ちにするファンに対して、シリーズの象徴的なセリフ「May the Force be with you.(フォースと共にあらんことを)」と語りかけている。

2005年に公開された『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』以来、17年ぶりにアナキン・スカイウォーカー役を演じるヘイデン。当時青年だったヘイデンが、年を重ねた姿にもファンは注目したようだ。

ツイッター上ではあるユーザーが、17年前のヘイデンが発した「May the Force be with you.」と、現在のヘイデンが同じセリフを発する映像を比較したものを投稿している。この投稿に対し、シリーズのファンからは「早く見たい!」という声があがる一方、年を重ねたヘイデンの現在に対して「ディープフェイクじゃないの?私の中で彼はずっと24歳なのに!」といったコメントも寄せられている。

それでも、アナキンの師匠であるオビ=ワン・ケノービを主人公としたこのスピンオフ作品には、大きな注目が集まっていることは事実だ。

Disney+ (ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス) dアカウントでの入会方法はこちら↑

ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」の舞台は『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の10年後。ルーカスフィルムはこの作品で、オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーが再会し、再び因縁の師弟対決を繰り広げることを発表している。

ファンの間では物議をかもす内容となっていた『スター・ウォーズ』新三部作。「オビ=ワン・ケノービ」はそれらを全て解決する、シリーズの集大成となるのかもしれない。

ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、なんとあのスピンオフにも出演決定! 主演女優のコメントにファン歓喜 師弟対決もありえるかも・・?

2021年10月24日
ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセンがいきなりファンの前に登場! あるモノを身に着けて新ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」をPRし興奮高まる

2021年9月16日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』新シリーズ「オビ=ワン・ケノービ」のコンセプトアートが流出!?ヘイデン・クリステンセンが演じるダース・ベイダーの◯◯が話題に

2021年8月31日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカー役ヘイデン・クリステンセン、オビ=ワン・ケノービのドラマに出演することによる唯一の“弊害”とは

2020年12月22日
ヘイデン・クリステンセンとナタリー・ポートマン(2002年)

ダース・ベイダー役に復帰のヘイデン・クリステンセン、新シリーズで過去の「最悪な失敗」を挽回できるか? 新三部作の最もおかしなセリフとは

2020年12月15日
ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセンの娘は父親がダース・ベイダー役であることをまだ知らないことが判明! その理由とは・・

2020年12月14日
tvgrooveをフォロー!