ハーレイ・ジョエル・オスメント、『シックス・センス』で共演したブルース・ウィリスの引退に反応! 「いつも尊敬してきた人へ」愛の言葉を捧げる

『シックス・センス』
『シックス・センス』Photo : Shutterstock

大ヒット映画『シックス・センス』でブルース・ウィリスと共演したハーレイ・ジョエル・オスメントが、ブルースの引退について言及している。

先日、ブルースは失語症と診断され、数十年にわたるキャリアから退くことになったと、彼の家族が発表していた。

インスタグラムにて発表された声明には、「ブルースのすばらしいサポーターたちへ。家族として、私たちの愛するブルースは、いくつかの健康問題を抱えており、最近は、彼の認知能力に影響を与える失語症だと診断されたことをここに共有します」とつづられている。また、「私たち家族にとって、とても困難な時期であり、あなたの継続的な愛、思いやりとサポートにとても感謝しています」と感謝の気持ちをづつり、ブルースにとってファンはとても大切な存在ということもあり声明を発表した、と経緯を話した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Demi Moore(@demimoore)がシェアした投稿

このニュースは世間に衝撃を与え、さまざまな人がブルースへメッセージをおくる中、ハーレイ・ジョエル・オスメントもインスタグラムで心境を明かした。「僕がいつも尊敬してきた人へ、適切な言葉を見つけるのはむずかしい。彼は、約半世紀にわたる特異なキャリアで、ぼくたちの人生すべてを豊かにしてくれた真のレジェンドなのです」「ぼくが直接目撃することができたこと、そして彼が築いた膨大な作品を、ぼくたちがこれから何年も楽しむことができることに、とても感謝しています」と続けている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haley Joel Osment(@hjosment)がシェアした投稿

ハーレイは、1999年に『シックス・センス』でコールという名の少年役を演じていた。ブルースは、死者が見えるコールを助けようとする児童心理学者を演じている。

また、本作で監督を務めたM.ナイト・シャマランも、ブルースに賛辞を贈っている。「私のブラザー、ブルース・ウィルスに愛と尊敬の念を捧げます。すばらしい家族が彼を支え、力強く包んでいることを私は知っています。彼は、子供の頃、私の壁に貼られたポスターのヒーローであり続けるでしょう」とつづった。

ブルース・ウィリス Photo: John Angelillo/UPI/Shutterstock

失語症で引退のブルース・ウィリス、ずいぶん前から認知機能が低下していた・・? 映画の撮影中はイヤホンを装着、セリフを少なくしたり重ね撮りをしていたとも

2022年4月1日
ブルース・ウィリス

ブルース・ウィリスが俳優業引退へ 失語症と診断を受けたことを家族が発表、数十年にわたるキャリアから退く

2022年3月31日
デミ・ムーアと、ブルース・ウィルス

離婚から22年! デミ・ムーア & ブルース・ウィリス元夫妻はいまでも仲良し! まさにハリウッド版 明石家さんま & 大竹しのぶ…!? 仲むつまじい関係にファンもほっこり[写真あり]

2022年3月22日
ブルース・ウィリス

ブルース・ウィリス、薬局でのマスク着用拒否は「判断ミスだった」とコメント

2021年1月14日
ブルース・ウィリス

ブルース・ウィリス、薬局でマスク着用を拒否!店内困惑で店から追い出される[写真あり]

2021年1月13日
tvgrooveをフォロー!