アレック・ボールドウィンの銃誤射事件、銃の安全性の不備により映画制作会社が最高額の罰金を課せられる!「クルーによる銃の安全性の苦情を聞き入れられなかった」

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

昨年10月に発生した映画『Rust(原題)』の銃誤射事件。新しい報道によると、撮影現場で銃器の安全性に問題があったとして、映画製作会社に対し先日、最高額の約13万7000ドル(約1,761万円)の罰金が課せられたという。

『Rust(原題)』撮影時のアレック・ボールドウィン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alec Baldwin(@alecbaldwininsta)がシェアした投稿

事故が発生したのは、現地時間10月21日。ニューメキシコ州サンタフェのボナンザクリーク牧場で『Rust(原題)』を撮影中、俳優のアレック・ボールドウィンは銃を構えていたが、その銃が誤って発射され、撮影監督のハリナさんが致命傷を負った。彼女は42歳だった。アレックが持っていたリボルバーなどはその後、調査にまわされた。アレック12月のABCニュースのインタビューにて、セットでハリナさんの指示で銃を向けていたが、引き金を引くことなく暴発したと語った。その後、遺族からアレックは訴えられ、ハリナさんの夫は、アレックの主張を「馬鹿げている」と猛烈批判していた。

そんな中、新たな報道によると、ニューメキシコ州労働安全衛生局は、ラスト・ムービー・プロダクションズに罰金を支払うように命じた。同局は、クルーからの銃の安全性に関する苦情が聞き入れられず、武器の専門家が追加の安全訓練について決定することが許されなかったと記録しているという。

労働安全局長はAP通信に対し「調査官の調査結果によれば、銃器の使用に関して従業員に明らかな危険があり、経営陣はその明らかな危険に対して行動を起こさなかった」と述べている。

エイミー・シューマー

銃の誤射事件のアレック・ボールドウィンをアカデミー賞でジョークにしようとしたエイミー・シューマー、事前でカットとなったその内容を明かす!その“行き過ぎたジョーク”とは・・?

2022年4月6日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン主演映画撮影中の誤射死亡事故、被害者の財産管理人弁護士がアレックの行動を非難! 「ハリナ・ハッチンスを殺害した」 責任の行方はどうなる・・?

2022年3月14日
アレック・ボールドウィン

映画『Rust』の銃事件で亡くなった撮影監督の夫、アレック・ボールドウィンの説明は「ばかげている」と怒りをあらわに・・・自分のせいではないという主張を猛烈非難

2022年2月27日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件で亡くなった撮影監督の遺族から訴えられる!また当日の事故をCGで再現した映像も公開へ[動画あり]

2022年2月17日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃撃事件の後に仕事に復帰!3ヶ月半ぶりの撮影に複雑な心境を語る・・・「仕事に戻るのは変な感じだ」[動画あり]

2022年2月11日
tvgrooveをフォロー!