マーベル最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』、疑問の声があがったワンダ・マキシモフの行動について脚本家が真相を明かす! 「当初の設定では・・」[ネタバレあり]

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ

※この記事には『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のネタバレが含まれています。

 

 

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)のストーリーの裏側を明かしている。

現在、絶賛公開中の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』では、主要キャラクターの1人、ワンダ・マキシモフにスーパーヒーローらしからぬ展開が訪れる。

息子たちがまだ生きている別の次元で、彼らを懸命に探し出そうとするうちに、ダークサイドに落ちてしまうのだ。

ワンダ・マキシモフのこのような行動には疑問の声もあがるなか、脚本家のマイケル・ウォルドロンが「Variety」のインタビューに登場。ワンダを擁護している。

この作品の中には、ワンダが双子の子供たちを探し出すため、チャールズ・エグゼビア、ブラックボルト、リード・リチャーズといった別世界のスーパーヒーローチーム「イルミナティ」のメンバーらを邪魔者とみなし、次々と殺害していくシーンがある。

彼女のこのような行動についてマイケル・ウォルドロンは、「当初の段階では、彼女はチームの一員として活躍し、最後に悪者になるという設定だったんだ。でも、私はそれが『リスク回避』になるだけのような気がした」と語ると、「彼女が映画の中で闇に落ちていく様子をきちんと描くには、別の適役をつくらなければならないと思っていたからね」と続けた。

さらにマイケルは、「『ワンダヴィジョン』を見て、学んで、研究するうちに、彼女はすでに悪に染まる準備ができているように感じた。コミックの中でもすでにその地点に到達していたから、ぼくたちもそれを信じようと思ったんだよ」と、早い段階でワンダを悪者に仕上げた理由を明かしている。

またマイケルは、ワンダが悪者になるのは「自然な流れ」だとしたうえで「『ワンダヴィジョン』は、彼女が悲しみに立ち向かい、今まで支配下に置いていた人々を手放すという物語だったけど、私の解釈ではそれによって彼女の悲しみや怒りが解決したとは思えない。彼女はヴィジョンに別れを告げることができたけど、本当のところは、子供たちを心から愛していたのだと思う」と持論を述べると、「これらがすべて伏線となって、彼女はアガサから手に入れた魔術書『ダークホールド』の餌食になってしまう。『ワンダヴィジョン』のラストシーンで、彼女はダークホールドを開いてしまうという大きな失敗を犯したからね。そして彼女は読み進めてしまった。このことで、彼女は『今度こそ双子をこの手に抱きたい』という強い気持ちにつけこまれたんだと思うんだ」と、闇に落ちてしまったワンダに理解を示した。

@doctorstrangeofficial / Instagram, Carlos Tischler/Eyepix Group/Shutterstock

トム・クルーズ、マーベル最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』で“アイアンマン”を演じる可能性があった!? 脚本家がトムの出演を熱望していたことが明らかに

2022年5月11日
ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ

エリザベス・オルセン、マーベル作品で演じた“スカーレット・ウィッチ”は子供たちの「お手本」にならない!? 「私が心配しているのは・・」

2022年5月11日
エリザベス・オルセン Photo: Action Press/Shutterstock

エリザベス・オルセン、“マーベル・ヒーロー”になる心得を教えてくれたのはブラック・ウィドウを演じたスカーレット・ヨハンソンだった! 「彼女から学んだことは・・」

2022年5月10日
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

マーベル最新作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』、サウジアラビアで劇場公開が中止に! そのワケとは・・?[ネタバレあり]

2022年4月25日
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』ストレンジが再度挑む無限の可能性が存在する”マルチバース”の世界についてキャスト&監督が語る特別映像が解禁!期待の高まるメイキング風景も[動画あり]

2022年4月25日
『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』”マルチバース”の世界観を堪能できる新映像が解禁[動画あり]

2022年4月15日
tvgrooveをフォロー!