エズラ・ミラー、この夏に『ザ・フラッシュ』の再撮影に参加していた!?エズラの”法廷論争”が原因か・・?

エズラ・ミラー
エズラ・ミラー

DC映画『ザ・フラッシュ(原題)』の主演俳優エズラ・ミラーは、現在進行中の法的論争の中で、今後のDCEU映画のために再撮影を行ったと報じられている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Andy Muschietti(@andy_muschietti)がシェアした投稿

エズラといえば、これまで『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』で、フラッシュ役でDCエクステンデッド・ユニバースに登場した。その後、単独映画プロジェクトが進行し、『ザ・フラッシュ (原題)』では、バリー・アレンの背景を探ることになることから期待の声が寄せられていた。またエズラは、世界的に人気なフラッシュというキャラクターをユーモラスに表現したことで高い評価を得ていた。

しかし、エズラのこの単独作品は、プロジェクトが監督や脚本家が降板するなど、たくさんの問題を抱えていた。最終的に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の監督であるアンディ・ムスキエティがメガホンを取ることになり、この映画は実際に主要撮影に入り、2021年末に終了した。しかし、2022年3月末以降、エズラは、ハワイでの数回の逮捕を皮切りに、複数の法的論争に直面することになった。洗脳や、ハラスメント、暴行のなどの報道が出ているが、それでもワーナーはエズラを再キャストすることはないと言われている。

そんな中、THRの新たな報道よると、エズラは夏に定期的に行われる再撮影に参加。エズラがこの映画のためにどれだけの追加映像を撮影したかは明らかにされていないが、撮影は彼の法廷論争が続く中で行われたようだ。THRのレポートによると、『ザ・フラッシュ (原題)』の米公開日は2023年6月に予定されているが、内部関係者は 「スタジオはあらゆる選択肢を評価している 」と語っている。

この『ザ・フラッシュ (原題)』再撮影の件は、エズラがバーモント州警察から重罪の強盗罪で起訴されてから24時間も経たない間に報道された。エズラは、現地時間9月26日(月)にバーモント州高等裁判所ベニントン刑事課で罪状認否に出廷することになっている。今のところ、ワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、2022年のエズラの数々の法廷論争についてコメントを出していない。

エズラ・ミラー

迷惑行為が目立つエズラ・ミラー、今度は強盗罪に問われてしまう!なんと留守の民家に侵入・・・彼が盗んだものとは?

2022年8月9日
エズラ・ミラーが登場するTikTok動画

エズラ・ミラー、店員に向かって「いつでも君をノックアウトすることができる」と発言!「君はパニックになる必要はない」というエズラに店員困惑・・過去の動画が話題に[動画あり]

2022年7月6日
エズラ・ミラー photo : Can Nguyen/Shutterstock

『ファンタスティック・ビースト』エズラ・ミラー、また問題行動発覚!? 今度はドイツで女性とトラブルか 「私が同性愛嫌悪者だとか、ナチスだとか言われて…」

2022年7月4日
オースティン・バトラー、エズラ・ミラー

『エルヴィス』プロモーションで来日したオースティン・バトラー、東京のバーでエズラ・ミラーと大ゲンカ!? ネット上でウワサが拡散するも、大手メディアがこれを全否定

2022年7月1日
エズラ・ミラー

『ファンタビ』エズラ・ミラー、またしてもヤバイ実態が明らかに! なんと幼児3人と母親を“銃が散乱する場所”へ隔離か…? 子供の父親が現在の心境を告白「とても悪い予感がします」

2022年6月24日
tvgrooveをフォロー!