テイラー・スウィフト、スクーター・ブラウンに抗議して「ひとつも後悔していない」! 「真実を明るみに出したい」(関係者)

テイラー・スウィフト

歌手のテイラー・スウィフト(29)は、先日彼女の過去のレーベル会社を買収したスクーター・ブラウン(38)に対し抗議をしたことを全く後悔していないという。

ジャスティン・ビーバーアリアナ・グランデなど人気アーティストたちを抱える敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンは先日、テイラー・スウィフトが過去に所属していたレコード会社「ビッグ・マシーン・レコード」を買収したことを発表。これによりテイラーの過去の楽曲の権利はスクーターが所有することとなった。

これを知ったテイラー・スウィフトは、レコード会社に自分が不利になるような扱いを受けたこと、またスクーターやジャスティン、カニエ・ウェストに長年嫌がらせを受けてきたこと、そんな彼に自分の過去の作品の原盤の権利を握られることに憤りを感じていることを長文でSNSに書きつづった。現在も2人は論争の真っ只中だ。

今回関係者はE!ニュースに対し、テイラーはスクーターに公に立ち向かったことになんの後悔もしていないと明かした。さらに「スクーターや彼の周りがなんと言おうと、スクーターはテイラーを傷つけるために今回の買収をしたと、彼女自身はそう思っている」「テイラーは、スクーターについての真実が世の明るみに出ることを望んでいる」と話した。つまりスクーターの一連の行為は悪意をもってのことだと、テイラーは信じているようだ。

またテイラーの状態について関係者は「彼女は激怒していたし、今もしている。でも今回の件を公にしたことに関しての後悔はゼロだ」と話している。

また、スクーター側にはジャスティン・ビーバーやデミ・ロヴァート、シーアら彼と親しい人物が味方についていることに関しテイラーは「敵(スクーター側)のことは気にしていない。スクーターが買収した目的は明らかだから。テイラーは自分を支持してくれる友人もいるし、スクーターに立ち向かうことが正しいと強く感じている」という。実際にホールジーカミラ・カベロ、カーラ・デルヴィーニュ、ブレンドン・ユーリー(パニック!アット・ザ・デイスコ)ら多くのアーティストたちがテイラーを支持するコメントを出している。

テイラーとスクーター、現在は双方の意見がかなり食い違っているため、当面この対立は収まらなさそうだ。

テイラー・スウィフトと対立中の敏腕マネージャー、スクーター・ブラウン、戦争ビジネスに投資している会社と関係か

2019.07.03

テイラー・スウィフト、ビートルズなどアーティストが自分の曲の権利を持つのはなぜ難しいのか? 多くのアーティストを苦しめる落とし穴とは

2019.07.02

テイラー・スウィフトが過去に所属していたレコード会社買収についての賛否でセレブ界が真っ二つに! テイラー側、スクーター・ブラウン側のアーティストまとめ

2019.07.02

テイラー・スウィフトの過去レーベルを買収したスクーター・ブラウン、テイラーのリアクションに「ショック」! 「話そう」とオファーするも、彼女の反応は・・・?

2019.07.02

アリアナ・グランデ、自身のマネージャーによるレコード会社買収により、難しい立場に立たされる! 友人テイラー・スウィフトはサポートしてあげたいけど・・

2019.07.01