あの「E.T.」が37年の時を越えて帰ってきた! 大人になったエリオットのもとにE.T.が戻ってきた理由とは…[動画あり]

スティーヴン・スピルバーグ監督の名作「E.T.」(1982年)が、37年の時を越えて帰ってきた。その感動的な映像が話題となっている。E!Newsなどが伝えている。

【動画】A Holiday Reunion – Xfinity 2019

 

「E.T.」は、1982年に公開されたSF映画で、架空の地球外生命体E.T.が地球にやってくる物語。地球に着陸したE.T.は、10歳の少年エリオットと出会い友情を育み、E.T.が故郷の惑星に戻る手助けをするという物語だ。同作は世界的大ヒットを飛ばし、当時の映画史上最大の興行収入を記録。ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞など数々の賞を受賞した。

そんな「E.T.」が37年を時を経て帰ってきたのだ。今回公開された動画では、E.T.が再び地球に上陸。ある一家の子供たちが庭にいるE.T.を発見し、思わず叫んでしまう。そこに子供たちの両親がかけつける。そう、この父親こそが大人になったエリオットで、E.T.は再びエリオットに会うため地球に戻ってきたのだ。

エリオットはE.T.との再会によろこび、E.T.を家に招き入れることに。E.T.はエリオットファミリーとの時間を楽しみ、またVRをつけてみたりと現代のテクノロジーにも触れている。そしてE.T.は再び故郷に帰ることを決意。そしてE.T.の名シーンである自転車で空を飛ぶシーンも。

実はこれはアメリカの会社コムキャストのインターネットサービス「Xfinity」が、ホリデーシーズンに合わせて制作したものだ。心温まるコマーシャルに感動する人が続出している。