『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、C-3POのシーンは短くカットされてしまった!? 役を演じたアンソニー・ダニエルズ本人が心境を語る

アンソニー・ダニエルズ
アンソニー・ダニエルズ

人気SF映画シリーズ『スター・ウォーズ』の42年の歴史の完結編である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、スカイウォーカー・サーガの終わりということで、まさに集大成となった作品であったが、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズは、自身のシーンが思ったよりも短くカットされてしまったことを明かした。

映画史だけでなく、エンターテイメント史においても金字塔を打ち立てた『スター・ウォーズ』シリーズの完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。同作は去年12月に公開され、4月8日から先行デジタル配信の購入とレンタルが開始となっている。

そんな中、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズは、完結編では出演シーンが予定よりも短くカットされてしまったことを明かした。

C-3POといえば、知覚生物とコミュニケーションを取るためのゴールドが特徴的なドロイドで、そのちょっとおとぼけである愛くるしいキャラからシリーズでも人気で、欠かせない存在である。

C-3POは、前作の『最後のジェダイ』と前々作の『フォースの覚醒』ではほとんど活躍は見られなかったが、完結編では重要な役割を果たし、存在感を発揮している。

しかし、シリーズの長きにわたりC-3POを演じたアンソニー・ダニエルズは、「撮影の後はとんでもない量の編集があるんだよ。だからC-3POのシーンはよりスウィートで、幅広いものとなったんだ」「でもたくさん映像があるから、細かな点は排除しなければいけない。約2つ分の映像が1つにまとめられていたから。私は少し悲しいのは、オスカー・アイザック演じるポー・ダメロンの関係のところだね。あれはとってもスウィートで、面白かったんだ。なぜならポーはいつも、C-3POにイライラさせられてたから。でもいい意味でね」と明かした。

実は撮影ではポーとの掛け合いがもっとあり、二人の関係が描かれていたようだが、最終的にそこはカットされてしまったという。サーガの最終章ということもあり、優先する映像が多く、映画を2時間半にまとめるには、そこの部分はカットされてしまったようだ。

余分な部分をカットするにあたり、C-3POのシーンがカットされてしまったが、彼が最終章でも重要な役割を果たしたシーンはしっかりと残されている。

また今後の『スター・ウォーズ』シリーズで、C-3POが出演するかは明らかにはなっていないが、シリーズには欠かせないキャラであるため、今後も登場することにファンからは期待の声があがっている。

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』本編冒頭から8分を超えるプレビュー映像が公開[動画あり]

2020年4月8日
故キャリー・フィッシャーと、娘ビリー・ロード

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、レイア姫役の故キャリー・フィッシャーの映像を娘ビリー・ロードが撮影! その撮影風景が初公開[動画あり]

2020年3月13日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』カイロ・レンと、レイ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、レイとカイロ・レンのキスに恋愛要素はなかった!? あのキスの真相が明らかに[※ネタバレあり]

2020年3月6日
『スター・ウォーズ』パルパティーン

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、皇帝パルパティーンの復活の理由がついに明らかに! 実はパルパティーンは〇〇だった[※ネタバレあり]

2020年3月5日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、カイロ・レンが最期にレイに伝えた言葉とは!? 映画には収められなかった新事実が明かされる[※ネタバレあり]

2020年3月5日
tvgrooveをフォロー!