英ヘンリー王子&メーガン妃、王室の肩書きを使わず「ヘンリー&メーガン」と表記! チャリティ団体への手紙で

ヘンリー王子とメーガン妃
ヘンリー王子とメーガン妃

今年1月8日に、「シニアロイヤル」と呼ばれる高位王室から辞退し、財政的にも自立していくことを発表し、世間を騒がせたヘンリー王子メーガン妃(メーガン・マークル)。2人は今回、手紙の署名部分で皇族の肩書を書かなかったことで注目を集めている。

ヘンリー王子とメーガン妃は、6月19日付けでチャリティ団体「StreetGames」のCEOジェーン・アッシュワースに対し、感謝の手紙を送付。StreetGamesの公式ツイッターアカウントがこの手紙を公開しているのだが、最後にヘンリー王子とメーガン妃の署名の部分が単純に「ハリー(ヘンリー)&メーガン」となっており、王室の肩書きである「サセックス公爵ヘンリー王子」「サセックス公爵夫人メーガン」と書いていなかった。

メーガン・マークルは以前より、支援が必要な人々へ食事を提供する慈善団体「Hubb Community Kitchen」を熱心にサポートしており、4月には同団体のズームチャットイベントにも参加した。この団体を支援したStreetGamesに対する手紙で、2人は「新型コロナウィルスの打撃は、世界中の全員にとって恐ろしく、試練の期間です。しかし、善の精神が現れるのもこのような困難な時期です。私たちも支援している団体が一つになるところを目撃し、とても感動しています」「StreetGamesのみなさんに感謝を送ります。ハリー&メーガン」と書いている。

またStreetGamesのツイッターアカウントも「ハリーとメーガンのサポートを受け、心の底から嬉しいです」と書いており、肩書きをはずしている。

今年4月ある情報筋は、2人が3月31日に正式に高位王室から辞退してから、ふたりはロサンゼルスの家から外に出ていないことを米Peopleに伝えた。また「みんなのように彼らは用心深くソーシャルディスタンスを行っており、安全です」と答え、アーチーくんに関しては「歯が生えてきて、とても幸せそうです。彼がカリフォルニアの日差しの中にいても、幸せに暮らしていけると確信していますよ」とコメントした。

当初、メーガン妃の故郷であるロスに引っ越すことから、母親や友人と一緒に自主隔離を行うのではと報道されていたが、メーガン妃はヘンリー王子と息子アーチーくんとともに、安全を第一にソーシャルディスタンスを行っていたと言われている。

メーガン・マークル妃

メーガン・マークル妃、ジョージ・フロイドさんの死を受け、高校卒業生たちへメッセージ! 「何も言わないということが、最も間違っていること」[動画あり]

2020年6月6日
メーガン・マークル

ジョージ・フロイドさんの事件により、メーガン・マークル妃の2012年のビデオが再注目! 彼女が語った“経験”とは?[動画あり]

2020年6月3日
メーガン・マークル

ヘンリー王子が愛するメーガン・マークルのバナナブレッド、メーガン妃のレシピに欠かせない2つの“隠し味”とは?

2020年5月6日
ヘンリー王子、メーガン妃、アーチーくん

メーガン妃とヘンリー王子、もうひとり赤ちゃんを授かる準備ができている? 「メーガン妃は二人目がほしいとほのめかしている」と情報筋

2020年4月21日
メーガン・マークル

メーガン・マークル妃、L.A.に引っ越して以来、母親や友人と会っていない!? 新型コロナウイルスの影響でソーシャルディスタンスをおく

2020年4月7日
tvgrooveをフォロー!