テイラー・スウィフト、新アルバム収録曲「ザ・レイクス」は恋人ジョー・アルウィンについての歌!? ファンたちがそう予想する理由とは[音源あり]

テイラー・スウィフト(Photo by BETH GARRABRANT)
テイラー・スウィフト(Photo by BETH GARRABRANT)

テイラー・スウィフトがサプライズリリースし、話題となった新アルバム「フォークロア」。そのCD版でしか聞くことのできないボーナストラック「ザ・レイクス」が、米時間8月18日にYouTubeでも公開された。

【音源】Taylor Swift - the lakes (Official Lyric Video)

 

実はこの楽曲が、テイラーの恋人であるジョー・アルウィンに関係しているのではないかとファンたちは予想しているという。

歌の歌詞には「私を湖へ連れてって/全ての詩人たちが死ぬために行った湖へ/私はそこにはふさわしくないし、大切な人、あなたも違う/あのウィンダミアの山頂は、涙を流すには最適な場所のよう/私は出発する、私のミューズと一緒に」とある。

ウィンダミアは、イングランド・カンブリアのサウス・レイクランド地区で、イギリス出身であるジョーと一緒に訪れた場所ではないかとファンたちは予想。またこのミューズという相手もジョーではないかと予想しているのだ。

また「ザ・レイクス」には「言いふらすような低俗なものを見るほど遠くまできてしまった/私のどんな言葉に価値があるのか教えてほしい」「冷たく凍った地面から一本の赤いバラが咲いた/私の悲惨な恋や、克服ほどの悲しみで/崖のプールで水浴びをしている間/誰もそれについてつぶやく人はいない」と、悲しみを歌っていることから、これはテイラーの過去の作品の版権問題で揉めているスクーター・ブラウンとスコット・ボーチェッタとのバトルを指しているのではないかという予想もあるようだ。

過去にもテイラーは「ゴージャス」「コール・イット・ホワット・ユー・ウォント」といった楽曲がジョーのことを歌っているのではないかとウワサされており、またスクーターたちに向けたと思える楽曲もあることから、今回の曲もそういった意味合いが込められている可能性が高そうだ。

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト、「カーディガン」MVにはオドロキの詳細がたくさん隠されていた! 祖父の写真、テイラー自身が描いた絵画などが登場の解説動画は必見[動画あり]

2020年8月18日
テイラー・スウィフトと、ドナルド・トランプ米大統領

テイラー・スウィフト、郵送による投票を拒否する米トランプ大統領をバッシング! 「アメリカ人の命を危険にさらしている」

2020年8月17日
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトがひとつもタトゥーを入れていない理由とは? 入れない意思は22歳の頃からかたまっていたことが明らかに

2020年8月13日
テイラー・スウィフトと、カマラ・ハリス

ジョー・バイデン、副大統領候補にカマラ・ハリス上院議員を選ぶ!これにテイラー・スウィフトが反応

2020年8月12日

テイラー・スウィフトの最新アルバム「フォークロア」、全米&全英アルバム・チャート2週連続1位を獲得

2020年8月12日
tvgrooveをフォロー!