NBA選手レブロン・ジェームズ、試合前に『ブラックパンサー』の「ワカンダ・フォーエバー」ポーズでチャドウィック・ボーズマンに敬意を表す[写真あり]

『ブラックパンサー』「ワカンダ・フォーエバー」ポーズ
『ブラックパンサー』「ワカンダ・フォーエバー」ポーズ

現地時間8月29日土曜日に開催された、LAレイカーズのプレイオフシリーズ第5試合。試合開始前、人気選手のレブロン・ジェームズが、映画『ブラックパンサー』の「ワカンダ・フォーエバー」のポーズをした。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)にてブラックパンサー役を演じていた俳優のチャドウィック・ボーズマンが現地時間8月28日金曜日、がんのためこの世を去った。悲し過ぎる訃報は、ファンだけでなく著名人にも多大なるショックを与えた。

NBAは、フロリダで行われた土曜日のプレーオフゲームの前に、チャドウィック・ボーズマン、元トレイルブレイザーズのスターであるクリフ・ロビンソン、殿堂入りしたカレッジコーチのリュート・オルソンに黙祷を捧げた。

レイカーズのチームは全員、膝をついた。その時ジェームズは「ワカンダ・フォーエバー」の敬礼で腕を組んだが、これは『ブラックパンサー』に登場するチャドウィック・ボーズマンのスーパーヒーローキャラクター、トゥ・チャラのトレードマークとなっているジェスチャーだった。アナウンサーはトリビュートの間、チャドウィックのことを「NBAの親しい友人」と呼ぶ一幕もあった。

チャドウィック・ボーズマンは、2016年にステージ3の結腸がんと診断されており、2017年のアメリカの伝記映画『マーシャル 法廷を変えた男』、ネットフリックスのオリジナル作品『『ザ・ファイブ・ブラッズ』、新作映画『Ma Rainey's Black Bottom(原題)』の撮影は、数え切れないほどの手術と化学療法の間に撮影されたものだという。

生前、数々の素晴らしい演技を見せてくれていたチャドウィック。彼の死に数々の著名人はネット上でメッセージを綴っている。

チャドウィック・ボーズマン

『ブラック・パンサー』チャドウィック・ボーズマン、亡くなる前に婚約者と結婚していた

2020年8月31日
チャドウィック・ボーズマン

死去したチャドウィック・ボーズマン、最後の投稿がツイッター史上最も多くの「いいね」を獲得 「彼は数えきれない化学療法と手術の間に撮影をしていました」[全文訳]

2020年8月31日
チャドウィック・ボーズマン

【速報】『ブラックパンサー』主演チャドウィック・ボーズマンが死去

2020年8月29日
『ブラック・ウィドウ』

ディズニー、『ブラック・ウィドウ』の公開日を11月に決定! その他『ムーラン』などの米公開日を発表[一覧あり]

2020年4月4日
クリス・エヴァンス

アカデミー賞授賞式にアベンジャーズが大集合! プレゼンター参加が続々決定

2019年2月13日
tvgrooveをフォロー!