『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカーはなぜそこまで恩師オビ=ワン・ケノービを憎んだのか コミック「ダース・ベイダー」の中で映画では描かれなかったオドロキの真相が明らかに

『スター・ウォーズ』
『スター・ウォーズ』

人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズで、師弟関係にあったアナキン・スカイウォーカーオビ=ワン・ケノービ。なぜアナキンはオビ=ワン・ケノービを憎み、最終的には殺してしまったのか。コミック「ダース・ベイダー」の中でその真相が明らかになっている。

オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの間にヒビが入ったと思われる瞬間はいくつかあった。きっかけは、アナキン・スカイウォーカーがジェダイ評議会から思うような信頼を得られず、昇進もさせてもらえず、不信感をつのらせたことだろう。アナキンはこの気持ちを、愛するパドメ・アミダラと話すことでなんとか和らげていた。

ところが、映画『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の中で、周りの全ての人物から、自身のパワーに嫉妬するあまりいつか裏切られるのではないかと感じたアナキンは、その怒りから惑星ムスタファ―でパドメ・アミダラの首を締めてしまう。

※ここからコミック「ダース・ベイダー」のネタバレを含みます

 

しかし、コミック「ダース・ベイダー」の第5号で描かれていた内容は少し異なっていた。アナキンの怒りは「いつか裏切られるのではないか」という思いからくるものではなく、「パドメとオビ=ワン・ケノービが浮気しているのではないか」という疑いからではないかとされているのだ。

コミックの中で、ダース・ベイダーがパドメの死の真相を探るべく反乱軍のデータバンクに侵入するシーンがある。データを解析していくなかで、ダース・ベイダーはパドメが亡くなる場所となったメディカル・ベイにオビ=ワン、R2-D2、C-3PO、そしてパドメが一緒に入っていく様子を発見した。

これがきっかけとなり、ダース・ベイダーは惑星ムスタファーにパドメがオビ=ワンを連れてきたこと思い出す。パドメはなんとかアナキンを変えようとしていたのだ。しかしアナキンは、愛しているはずなのに自分が強くなることを止めようとするパドメとオビ=ワンに嫌気がさしていた。そして、ダース・ベイダーは、死を間近にしたパドメがベッドに横たわる様子を映したホログラムを目にし、怒りを爆発させる。

パドメがベッドで口にしたのは、オビ=ワンの名前だったのだ。パドメとオビ=ワンの浮気を疑っていたアナキンにとって、決して目にしたくないシーンだっただろう。アナキンは、ダークサイドに堕ちてもなお、パドメであれば最後に自分の名前を呼んでくれると信じていた。

妻の浮気を疑う気持ちが、ダークサイドに堕ちる1つのきっかけになったのかもしれない。

「ウェビッシュ・ボグの目(the Eye of Webbish Bog)」

『スター・ウォーズ』新作コミックに、エピソード9の幻のキャラクターが登場し話題に! 新たな伏線か

2020年9月23日
マーク・ハミル(左)、パトリック・スチュワート

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル&「スター・トレック」パトリック・スチュワートが夢の共演!! 全てのSFファン必見の爆笑CMが公開[動画あり]

2020年9月22日

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、10/9(金)にディズニープラスで配信決定!スカイウォーカー家のサーガ全作が見放題動画配信サービスに勢ぞろい

2020年9月17日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、「Jo Malone」のアンバサダーを辞退! そのショッキングな理由とは

2020年9月16日
リーアム・ニーソンとチューバッカ(2005年)

リーアム・ニーソン、『スター・ウォーズ』で最も嫌われたキャラのジャー・ジャー・ビンクス声優を擁護! 「彼は最も才能があって最高に笑える人だ」[動画あり]

2020年9月15日
tvgrooveをフォロー!