『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、ハン・ソロではなくアナキン・スカイウォーカーが登場するべきだった!? その理由とは

スター・ウォーズ
スター・ウォーズ

2015年に公開された映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の中で、ハリソン・フォード演じるハン・ソロは、息子ベン・ソロ(カイロ・レン)をダークサイドから救うべく奮闘したものの、ヘイデン・クリステンセン演じるアナキン・スカイウォーカーの闇の力にのまれてしまった息子の前に倒れることとなった。

ハン・ソロにはファンも多く、2019年に公開された『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で再登板した際には喜びの声も少なくなかったはずだ。ハンはフォースの力を持っていないため、作品内ではカイロ・レンの記憶が作り出した幻像として登場し、カイロ・レンがベン・ソロとしての自分を取り戻すための手助けをしたのだ。しかし感情的な部分で考えると、このシーンではハンの幻像よりも、アナキン・スカイウォーカーがフォース・ゴーストとして登場した方がふさわしかったのではないだろうか。

続三部作の中で、アナキンは完全な悪者として描かれている。名前すら出てこないほどだ。しかし、カイロ・レンはそんなアナキンに対して憧れを抱いていた。アナキンはカイロ・レンの祖父にあたるため、ダークサイドに堕ちた唯一の血縁者として尊敬していたのだ。カイロ・レンは父親であるハン・ソロを殺してしまったが、これによって彼のダークサイドでの存在感はさらに増すことになり、尊敬する祖父に近づいたのだ。

しかし、カイロ・レンは、憧れのダース・ベイダーに近づいたという思いと、父を殺してしまった罪悪感の間で葛藤したはずだ。これは、師匠を殺してしまったアナキンの葛藤と共通するものがあるだろう。この点から考えると、カイロ・レンがベン・ソロに戻るべきか思い悩むシーンで登場するのは、ダース・ベイダーのマスクを外したアナキン・スカイウォーカーの方がしっくりくると考えられるだろう。

このような展開にすることで、『スカイウォーカーの夜明け』により深みを持たせることができ、カイロ・レンの信念をより強固なものにすることができたのではないだろうか。

新たなライトセーバー

書籍シリーズ「スター・ウォーズ ザ・ハイ・リパブリック」で新しいライトセーバー公開! 「『エクスカリバー』のようなもの」[写真あり]

2020年9月26日
『スター・ウォーズ』

『スター・ウォーズ』アナキン・スカイウォーカーはなぜそこまで恩師オビ=ワン・ケノービを憎んだのか コミック「ダース・ベイダー」の中で映画では描かれなかったオドロキの真相が明らかに

2020年9月24日
「ウェビッシュ・ボグの目(the Eye of Webbish Bog)」

『スター・ウォーズ』新作コミックに、エピソード9の幻のキャラクターが登場し話題に! 新たな伏線か

2020年9月23日
マーク・ハミル(左)、パトリック・スチュワート

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル&「スター・トレック」パトリック・スチュワートが夢の共演!! 全てのSFファン必見の爆笑CMが公開[動画あり]

2020年9月22日

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、10/9(金)にディズニープラスで配信決定!スカイウォーカー家のサーガ全作が見放題動画配信サービスに勢ぞろい

2020年9月17日
tvgrooveをフォロー!