ヘンリー・カヴィル、『ミッション:インポッシブル7』に本気で出たいとコメント!「トム・クルーズのスタントに嫉妬した」

ヘンリー・カヴィル
ヘンリー・カヴィル

ネットフリックスで配信中の新作映画『エノーラ・ホームズの事件簿』に出演している人気俳優のヘンリー・カヴィルが、トム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作『ミッション:インポッシブル7』に出演したいと本気で願っているようだ。

※本記事には『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のネタバレが含まれます。

 

 

 

 

 

ヘンリー・カヴィルといえば、2018年公開の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にて、敏腕エージェントのオーガスト・ウォーカーを好演。終盤、トム・クルーズ演じるイーサン・ハントとの激しいヘリコプターでの空中戦を経て、崖から転落死してしまう。

ヘンリーはオーガスト・ウォーカーを演じるにあたり、口ひげを伸ばさなくてはいけなかったため、『ジャスティス・リーグ』の再撮影がかぶってしまった際に、膨大な費用をかけてCG処理を施し、ヒゲを消したことでメディアを賑わせた。また『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』のトイレのファイトシーンは、構え方がユニークだとしてファンの間でも話題となった。

View this post on Instagram

There’s only one man for the job. #MissionImpossible

A post shared by Mission: Impossible (@missionimpossible) on

先日、『エノーラ・ホームズの事件簿』のプロモーションで、エンパイア・ポッドキャストに出演したヘンリーは、『ミッション:インポッシブル』シリーズにいたときのことを語った。最近、『ミッション:インポッシブル7』の撮影がイギリスで再開。トム・クルーズの常識を超えたスタント場面が目撃され、話題となっていた。ヘンリーは「非常に嫉妬した。僕もバイクからパラシュートで峡谷に入りたい。なぜ僕はそこにいられないんだろう・・・ひどく恋しいよ」と語ったのだ。残念ながら、前作で死んでしまったオーガストが本シリーズに戻ってくることは、フラッシュバックをしない限りあり得ないことだろう。

『ミッション:インポッシブル7』の製作が本格的にスタートし、先日、気になる映像が公開。トム本人が危険なスタントをこなすことでも知られるこの人気シリーズだが、新作もこれまでに劣らない常識では考えられないようなスタンスを行っている。公開された映像では、トムがバイクを運転しながらかなり高い傾斜路を猛スピードで駆け抜け、バイクごとジャンプし、パラシュートで崖へと落下する姿が映し出されている。

このスタントがどのような背景で行われているのか、あるいは本作の中のどのシーンで使われるのかなどは、今のところ不明。本作についてのプロットは、ほとんど明かされていないのだ。しかし、これまでと同じく想像を超えたスタントであることには違いない。きっとヘンリーはこの動画を見て、トムに嫉妬したのかもしれない。

ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル、次期ジェームズ・ボンドについて意欲を示す!「ボンドを演じてみたい」

2020年9月28日
ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル、スーパーマンにまつわるウワサについてコメントを拒否!「話を『エノーラ・ホームズの事件簿』に戻すように」と記者に頼む

2020年9月28日
『ミッション:インポッシブル』トム・クルーズ

『ミッション:インポッシブル7』トム・クルーズのスタント映像が公開!バイクを運転しながら〇〇から落ち…想像を超えたスケールのスタントは必見[動画あり]

2020年9月8日
トム・クルーズ

『ミッション:インポッシブル7』トム・クルーズ、危険なスタントのリハーサルを開始!コロナ対策のマスクを着用のままスタントをこなす[写真あり]

2020年9月7日
ヘンリー・カヴィル(インスタグラムより)

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カットの公式ツイッター、ファンが投稿したヘンリー・カヴィルの口ヒゲ姿に反応[写真あり]

2020年8月26日
tvgrooveをフォロー!