ブックフェスティバルでの「ハリー・ポッター」コーナーが中止に! その理由はやっぱりあの人・・

J.K.ローリング
J.K.ローリング

ニュージーランドのブックフェスティバルで行われる予定だった、人気ファンタジーシリーズ「ハリー・ポッター」をテーマとしたイベントが中止となったことがわかった。原作者であるJ.K.ローリングによるジェンダー差別発言が原因だという。

Stuffが報じたところによると、フェザーストーン市で開催されるブックフェスティバルの主催者が、J.K.ローリングの問題ツイートを受けて同イベントで実施する予定だった「ハリー・ポッター」のクイズコーナーを中止にしたという。

J.K.ローリングは以前、「生理のある人? そういう意味の言葉が、かつてあったんじゃない?ウンベンだっけ?ウインプン?ウーマド?」とジェンダー差別ととれるツイートを発信し、世界中のみならず「ハリー・ポッター」の出演者からも批判を浴びていた。

さらに「性が存在しないものであるなら、同性同士が惹かれあうことはない。性が存在しないものであるなら、世界中で女性が直面している現実がなかったものになってしまう」とも付け加えていた。

主催者側は「ハリー・ポッター」のコーナーを中止するにあたり、専門家やLGBTQの人々にも話を聞いたという。
責任者のピーター・ビッグス氏は「(話し合いの)結果、コーナーを実施することで一部の人々に苦痛を与える可能性があるとの意見が圧倒的に多く、それは私たちのやりたいことに反すると判断しました」と語り、「私たちはいつも、このイベントがすべての人を暖かく出迎え、全員が楽しめる場所でありたいと考えています。そのため、『ハリー・ポッター』をやらないとの意見にいたったのです」とつづけた。

現地のLGBTQ支持者も、今回の主催者の判断に賛成するとしており、「今回のコーナーの中止は、トランスジェンダーの若者たちをサポートし、社会が一体となるための大きな決断だったと言えるでしょう」と語った。

ラルフ・ファインズと、J.K.ローリング

『ハリー・ポッター』ヴォルデモート役ラルフ・ファインズ、J.K.ローリングの発言を擁護! 彼の見解とは・・

2021年3月22日
「ホグワーツ・レガシー」

『ハリー・ポッター』新作ゲーム「ホグワーツ・レガシー」、J.K.ローリングのあの発言を受け、〇〇の魔法使いを参加させることに

2021年3月4日
J.K.ローリングとジョニー・デップ

ジョニー・デップ『ファンタビ3』降板のとき、かつてジョニーを支持していたJ.K.ローリングは「解雇に反対しなかった」

2020年11月13日
エディ・レッドメイン

エディ・レッドメイン、反トランスジェンダー発言で炎上した「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリングへの世間のひどい嫌がらせについてコメント! 「ローリングへのバッシングもひどすぎる」

2020年9月30日
J.K.ローリング

「ハリー・ポッター」著者J.K.ローリング、またも反トランスジェンダーととれる行動をし炎上

2020年7月7日
tvgrooveをフォロー!