ヘンリー王子の「称号」、王室展示の解説パネルから削除される! その理由とは・・

ヘンリー王子
ヘンリー王子

今月3日からケンジントン宮殿で開催されている展覧会にて、展示されている故ダイアナ元妃が着用していたウェディングドレスの解説パネルに記載されたヘンリー王子の名前から、殿下を意味する「His Royal Highness(HRH)」という称号が削除され話題となっている。

今週木曜、Sun紙が掲載した写真では、解説パネルの内容が「ケンブリッジ公爵殿下およびサセックス公爵による貸与」と記載されていた。なお先日まで、この解説パネルには「ケンブリッジ公爵殿下およびサセックス公爵殿下による貸与」と記載されていたが、これについて王室の所蔵品管理をおこなっているThe Royal Collection Trustは「管理上のエラー」だと説明していた。

ヘンリー王子とメーガン妃は昨年王室を離脱したことに伴い、エリザベス女王は今後夫妻が「HRH」の称号を使用することを禁止していた。なお夫妻は現在、先日誕生した第二子リリベット・ダイアナちゃんと長男アーチー君を含む4人でカリフォルニア州モンテシートにある1400万ドル(約15億3000万円)の豪邸で暮らしている。

Sun紙によると、ほかの2つの展示品からも、ヘンリー王子の「HRH」の称号は削除されるそうだ。

3日から開催されているのは「Royal Style in the Making」という展覧会で、1981年の結婚式にて着用された故ダイアナ元妃のウェディングドレスが目玉となっている。エリザベス&デイビッド・エマニュエルがデザインを手がけたもので、約7.6メートルにおよぶロングトレーンが大きな特徴だ。このドレスが一般公開されるのは25年ぶりとなる。展覧会は来年1月上旬まで開催される予定だ。

ノエル・ギャラガーと、ヘンリー王子

ノエル・ギャラガー、ヘンリー王子を「時事問題に敏感で打たれ弱いヤツ」とバッシング! さらに「余計なことをベラベラ喋る弟を持つと苦労するよな。俺も同じようなもんだったから」

2021年6月12日
ヘンリー王子とメーガン妃

ヘンリー王子、娘に「ダイアナ」と名づけることはかなり前から決めていた! 「彼はメーガン妃に会うずっと前から・・」

2021年6月12日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子&メーガン妃、娘リリベットちゃんを産むまでの“出産計画”が明らかに! あの病院を選んだ理由とは・・

2021年6月11日
ヘンリー王子と、メーガン妃

イギリス王室のシニアロイヤルを離脱したヘンリー王子&メーガン妃、息子アーチー君と娘リリベットちゃんは「王子」「王女」の称号はもらえる? 1917年に発行された特許状の内容がカギに・・

2021年6月11日
メーガン妃とヘンリー王子

ヘンリー王子&メーガン妃、イギリス国民たちから「称号を返上すべき」との声が上がる中、彼らを待ち受ける未来とは? 実は称号があろうとなろうと、夫妻にとっては好都合!?

2021年6月4日
tvgrooveをフォロー!