ヘンリー王子とメーガン妃、数十年後には「一般人」になってしまう可能性? 過去にイギリス王室に似たような境遇の人物がいたことが明らかに

ヘンリー王子と、メーガン妃
ヘンリー王子と、メーガン妃

王室とつながりを持つテレビ番組制作者が、ヘンリー王子メーガン妃について、エドワード8世とウォリス・シンプソンのような「一般人」になる危険性があるのではないかと警鐘を鳴らしている。

ヘンリー王子の祖母エリザベス女王のおじにあたるエドワード8世は、王太子時代に当時結婚していた女性ウォリス・シンプソンと関係を持った。1936年に国王に即位するも、ウォリスとの関係を反対されたことからわずか11か月でイギリス王室から離脱。

その間も2人関係は続き、翌年6月、前の夫との離婚が成立したウォリスとエドワード8世は結婚した。これまでの地位を捨ててまで2人が貫いた愛は、「王冠を賭けた恋」と呼ばれている。エドワード8世は離脱から数年後の1951年、暴露本とも呼べる回顧録「A King’s Story」を出版した。

「離婚歴のあるアメリカ人女性と結婚」「王室を離脱」「イギリスを出国し別の国へ移住」「回顧録の出版」など、夫妻の共通点は多い。

そんな中、王室関連の番組を制作するテレビ局「True Royalty TV」のCEOニック・バレンはFoxニュースの取材にて、この2人のストーリーを持ち出し、ヘンリー王子夫妻と比較した。

バレンによると、もしこのままヘンリー王子夫妻がイギリス王室と疎遠のままであれば、2人は数十年後、「脇役」もしくは「気まずいゲスト」のような存在になってしまう可能性があるという。

「まだまだ先のように感じられるかもしれないが、十分起こりえることだ。10年後、ヘンリー王子とメーガン妃はどうなっているかな?今と同じようにスターでいられるだろうか?歴史家の中には、その可能性は低いという人もいる」と語った。

エドワード8世とウォリスは王室を脱退したことで一時は注目を集めたが、晩年にはニューヨークでディナーパーティーに招待されても、「脇役」もしくは「気まずいゲスト」のような扱いだったという。

現在、ヘンリー王子とメーガン妃はショービズ界でもてはやされている状態だが、バレンは「いつまでも続かないだろう」と語っている。

夫妻が王室を離脱したのは昨年のこと。イギリスを出た2人はカナダ、そしてアメリカへと移住。今年3月には大物司会者オプラ・ウィンフリーとのインタビュー番組に出演。王室批判を展開し注目を集めている。

そして来年、ヘンリー王子は出版社と大型契約を結び「王子ではなく1人の男としての」回顧録を出版すると発表していた。

メーガン妃とヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃、昨年の“流産報道”に激怒していた 

2021年8月30日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃、王室による人種差別発言の詳細は明かさない方針 その理由は「王室に大きなダメージを与える」

2021年8月27日
左からウィリアム王子、エリザベス女王、ヘンリー王子

エリザベス女王、ヘンリー王子とメーガン妃に対しなんと「法的措置」検討か 「もういい加減にしてほしい」

2021年8月23日
メーガン妃

メーガン妃の父トーマス・マークル、メーガン妃を「うそつき」よばわり!? 「ヘンリー王子の影響だ」

2021年8月17日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃、王室離脱よりもかなり前にニュージーランド移住を計画していた!? ニュージーランドの総督が当時の会話を明かす

2021年8月11日
tvgrooveをフォロー!