「世界でもっとも影響力のある100人」に選ばれたヘンリー王子とメーガン妃のカバー写真がまさかの炎上! その理由は「加工されすぎている」!?

ヘンリー王子と、メーガン妃
ヘンリー王子と、メーガン妃

9月15日、米TIME誌が発表した2021年版の「世界でもっとも影響力のある100人」に、ヘンリー王子メーガン妃が選出された。2人は7種類ある表紙のうちの1つを飾ったのだが、その表紙をめぐりネット上がざわついている。

このカバー写真に対し、ネット上で「ツッコミ」が殺到しているのだ。というのも、2人の写真があまりにも「加工されすぎている」というのである。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TIME(@time)がシェアした投稿

どうやら、写真にうつる2人のやけにつややかな肌や輝く瞳、そしてヘンリー王子の不自然に「盛られた」髪型に不信感を抱く人々が多かったようだ。

このカバー写真が公開されると、ネットユーザーはただちに加工されたと思われる箇所について議論を始めた。

あるツイッターユーザーは、「エアブラシ(加工技術の1つ)がなかなかの力を発揮しているね」とツイート。さらに他のユーザーも「あの表紙は明らかにニセモノだよ。いや、そもそも彼らがニセモノなのか」と続けた。

ヘンリー王子の髪の生え際に注目する人々いたようで、「ヘンリー王子はラグ(毛足の長いカーペット)でも身につけてるのか?それとも、エアブラシのやりすぎかな?」とのツイートも見られた。

さらにはあまりにも不自然すぎるとして、CGではないかと疑う声まで聞かれた。あるユーザーは2人が「作り物のように見える」として、「この表紙が本物なのか、フォトショップで作られたものなのか見分けがつかない」とつぶやいていた。

またヘンリー王子の前にメーガン妃が立っているという構図に対し、TIMES誌を責めるツイートも。「誰がこの写真でいいって言ったの?ヘンリーは立ってるの?座ってるの?落ちないように、メーガンの肩に捕まってるの?素敵な人たちなのに、どうしてこんなことしちゃったの!?」となげくユーザーや「まるで彼女の後ろでうずくまってるみたいだな」とからかうユーザーも現れている。

ヘンリー王子とメーガン妃は、夫妻が立ち上げた慈善団体「アーチウェル財団」でのチャリティー活動の功績が認められ、このたび100人の中に選出されることになった。

他にも野球選手の大谷翔平やテニス選手の大坂なおみ、歌手のブリトニー・スピアーズらが選ばれている。

ヘンリー王子とメーガン妃

メーガン妃とヘンリー王子はもう飽きられ始めている!? “ハネムーン期間”は終わり・・ 好感度調査の結果も右肩下がり

2021年9月13日
ウィリアム王子と、キャサリン妃

ウィリアム王子とキャサリン妃のチャリティー財団、今後は「多様性」と「インクルージョン」推進へ ヘンリー王子とメーガン妃のあの発言が大きく影響・・?

2021年9月8日
メーガン妃と、ヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃、イギリス王室に対し「おどろくべき提案」をしていたことが明らかに 無神経な提案に、王室スタッフもショック・・!?

2021年9月8日
左からウィリアム王子、キャサリン妃、メーガン妃、ヘンリー王子

ウィリアム王子、弟ヘンリー王子夫婦の言動には「まだ折り合いがついていない」

2021年9月5日
ヘンリー王子と、メーガン妃

ヘンリー王子とメーガン妃、数十年後には「一般人」になってしまう可能性? 過去にイギリス王室に似たような境遇の人物がいたことが明らかに

2021年9月1日
メーガン妃とヘンリー王子

ヘンリー王子とメーガン妃、昨年の“流産報道”に激怒していた 

2021年8月30日
tvgrooveをフォロー!