映画撮影現場の銃誤射事件でアレック・ボールドウィンと映画のプロデューサーが訴えられる「彼はロシアンルーレットをすることを選んだ」「彼らの行動は無謀」

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

映画『Rust(原題)』の撮影中に、プロップガン(小道具の銃)が誤射され、撮影監督の女性、ハリナ・ハッチンスが死亡し、監督のジョエル・ソウザが負傷する事故が発生した件で、銃を誤射した俳優アレック・ボールドウィンと映画のプロデューサーに対して二度目の訴訟が起こった。

訴訟を起こしたのは、この映画の撮影現場で働いていたマミー・ミッチェルさん。彼女は銃誤射事件が発生した時に911に通報した人物で、撮影で負傷したと主張しており、意図的な精神的苦痛を与えられたとして訴えている。

先日行われた記者会見で、ミッチェルさんの弁護士はSkyNewsを通じて「あの日、『Rust』のセットで起きたことは決して忘れない」「銃の銃撃音を何度も何度も思い出します」「落ち込んでいて、安全だとは思えませんし、いつ何が起こってもおかしくないような気がします。身近にいる大切な人たちにも何が起こってもおかしくありません。私の人生には、安全を守るためのガードレールのような感覚がありません。将来に不安を感じています。この暴力的な悲劇は、私の人生の喜びを奪いました」と述べている。

また弁護士は「撮影の数日前から、現場に銃に関する危険な状況があるという警告サインがあった。カメラオペレーターが小屋でのリハーサル中に2回の銃の発射を報告していました」と付け加え、またアレックについても言及し「我々の意見では、ボールドウィンさんは銃を確認せずに、兵器係が彼の目の前で確認することもなく銃を発射し、ロシアンルーレットをすることを選択したのです」「彼の行動と映画のプロデューサーの行動は無謀でした」と述べている。

この事故に関しては、チーフ電気技師であるセルジュ・スヴェトノイが、ロサンゼルスで過失訴訟を起こしている。

アレック・ボールドウィン

銃を誤射したアレック・ボールドウィン、映画のシーンで「銃の引き金を引くはずではなかった」 新たな訴訟でわかってきたこととは・・?

2021年11月14日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件、なぜ実弾が装填されていたのか? 銃を用意した武器担当者は「ハメられた」と何者かによる妨害行為の可能性を主張

2021年11月12日
ヒラリア・ボールドウィンのインスタグラムより

銃誤射事件のアレック・ボールドウィン、笑顔でハロウィーンの家族写真に参加!これにはネット上で非難殺到・・・「ただただ残酷で不適切」[写真あり]

2021年11月3日
左からハリナ・ハッチンス、アレック・ボールドウィン、ジョエル・ソウザ

アレック・ボールドウィン、誤射事故発生直後の会話記録が公開される! 状況が把握できずパニック状態になるキャスト、スタッフらのやりとりが明らかに・・「いったい何が起きたんだ」「足の感覚がない」

2021年11月3日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件が起きた映画の“今後”について沈黙を破る「この作品の撮影が再開されることは・・・」

2021年11月2日
tvgrooveをフォロー!