ヒマラヤ大聖者 相川圭子 フジロックに降臨

米ディズニー社、なんと“TikTokクリエイター”を採用へ! 応募条件は「強い熱意を持つ人」… 採用後の気になる仕事内容とは・・?

ディズニーワールド
ディズニーワールド

米ディズニー社がSNSのクリエイターを社員として採用すると発表し、話題を呼んでいる。

1月6日(木)、ウォルト・ディズニー社は、将来的なSNS戦略強化のため、主に動画共有アプリ「TikTok」で活動するクリエイターを雇用することを発表。採用されればフロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニー・ワールドで働くことになるという。

応募条件は、デジタルマーケティングの経験があり、SNSで活動していること、動画編集ができること、ディズニー・ブランドに慣れ親しんでおり、ディズニー・パークの一員になりたいという強い熱意があること。さらに最大の条件として、「TikTokのトレンドに精通していること」を挙げている。

ディズニーパークは現在、TikTokにて410万人ものフォロワーを抱え、スタッフ視点に立ったパーク紹介や限定イベント、ランドに隠された秘密などを公開している。

応募者が求められる経験とセンスは、世界中で愛されるディズニーパークのアカウントを支えるために必須とされるものだ。

また、今回の採用情報には、「我々の目標は、社内外問わず、ユーザーのブランドに対する信頼や愛着を高めること、魅力的なコンテンツや視覚的にわかりやすい伝え方によってより多くの方に触れていただき、共有できるようになることです」とつづられている。

さらに求める人物像として、積極的であること、課題解決意識が高いこと、時間管理に長けていることが挙げられている。

2020年からの新型コロナウイルス感染拡大により、世界各国にあるディズニーランドは大きな打撃を受けた。

現在は、マスク着用などの感染対策を徹底した上で営業を再開しているが、社員にも感染対策を遵守することとワクチン接種が義務付けられている。

それでも、ディズニーへの情熱を持つクリエイターにとっては夢のような仕事といえるだろう。

『私ときどきレッサーパンダ』

ピクサー社員、最新作『私ときどきレッサーパンダ』のディズニープラス配信に大ショック!? 「多くのピクサー社員を失望させた」その理由とは・・?

2022年1月12日
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)

ディズニー、『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウに関する訴訟で大打撃を受ける・・・あのキャラは盗まれたもの?

2021年12月30日
ディズニーランド・パリ

仏ディズニーランド、「眠れる森の美女の城」がより美しくなってリニューアルオープン! 「これほどの大規模な改修は初めて」 大幅バージョンアップでファン大興奮[写真あり]

2021年12月27日
スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソンは、ディズニー訴訟後になぜディズニー作品のプロデュースを決断した? 本人がその理由を説明「マーベルに関しては・・」

2021年12月17日
「スター・ウォーズ:ギャラクティック・クルーザー」

ディズニー、『スター・ウォーズ』がテーマの体験型ホテルを発表するも批判続出! 宿泊費が高額なわりにクオリティがいまいち・・?

2021年12月15日
アナハイムのディズニーランド

米ディズニー公式アカウント、なんとファンサイトの投稿を攻撃! 2年ぶりの投稿が批判の内容で物議をかもす・・おどろきの内容にファン騒然「インターンシップ生が運用してるの?」

2021年12月11日
tvgrooveをフォロー!