ターミネーター最新作、邦題は「ターミネーター:ニュー・フェイト」に! 今年11月に公開決定&シュワちゃんらキャストのコメント到着

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
『ターミネーター:ニュー・フェイト』

1985 年に第一作がジェームズ・キャメロンの監督・脚本で制作され、その後シリーズ累計の全世界興行収入が1998億円以上を記録する大ヒットシリーズ『ターミネーター』最新作の邦題が『ターミネーター:ニュー・フェイト』に決定し、令和元年11月に日本で劇場公開されることとなった。

本作の原題は”TERMINATOR: Dark Fate(暗い運命)”であるが、『ターミネーター2』に続く人類の「新たなる運命」(ニュー・フェイト)を思わせる、『ターミネーター:ニュー・フェイト』が邦題に。

本作では『ターミネーター』の生みの親でありながら、シリーズ最大のヒット作『ターミネーター2』(日本興行収入95億円)以降、シリーズへの直接的な関与がなかったジェームズ・キャメロン(『アバター』『タイタニック』)が製作に復帰。

彼自身が製作・監督・脚本を務めた『ターミネーター2』のその後の世界を描く正当な続編となるということで、世界中の映画ファンから大きな注目を集めている。そして、メガホンを取るのは『デッドプール』を監督し、R 指定作品の全米興行収入オープニング記録を樹立するなど、その予想外の大ヒットで世界中を驚かせたティム・ミラー。

ハリウッドを代表するヒットメーカーと注目の実力派監督がタッグを組み、ターミネーターに立ち向かう人類のどうような「新たなる運命」(=ニュー・フェイト)が描かれるのか、ファンならずとも目が離せない。

シリーズの看板キャラクター、ターミネーターT-800 を演じるアーノルド・シュワルツネッガーに加え、人類抵抗軍を率いるジョン・コナーの母サラ・コナーを『ターミネーター』『ターミネーター2』で演じ、以降「脚本が魅力的ではない」という理由でシリーズへの出演を断ってきたリンダ・ハミルトンが出演することも大きな話題となっている。

また『オデッセイ』『ブレードランナー2049』で注目を集めた若手女優マッケンジー・デイヴィスの出演も明らかになっており、『ブレードランナー2049』では娼婦を演じた彼女が、本作ではどのような形で登場するのかにファンの間では早くも多くの憶測が飛び交っている。

現在、アメリカのネバダ州ラスベガスで行われている全米劇場所有者協会(NATO)が主催するコンベンション、シネマコンで現地時間4月4日午前10時より行われたパラマウント・ピクチャーズ(本作の北米の配給会社)のラインナップ発表会に、本作の出演者のリンダ・ハミルトン、マッケンジー・デイヴィス、ナタリー・レヴェス、ガブリエル・ルナ、監督も登壇し製作中の本編クリップを披露。会場からは今回のシネマコンで最大の喝采が沸き起こった。

また、シネマコンのタイミングに合わせて、アーノルド・シュワルツネッガー演じる T-800、リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナー、マッケンジー・デイヴィス演じる新キャラクターらの映画の場面写真も公開された。

シネマコンでの監督・キャストのコメント

ティム・ミラー(監督)
「この作品はジム(・キャメロン)の代表的なヒット作の正当な続編となる。・・・ほどばしる情熱をスクリーンから感じるだろう」

アーノルド・シュワルツネッガー
「もちろん、アイル・ビー・バック、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビーって言っているよ。他に何があるんだ?」

リンダ・ハミルトン
「この脚本、ストーリー、キャスト、監督だったから、私はこのシリーズに戻ってきた」

公開情報

『ターミネーター:ニュー・フェイト』
2019年11月 全国ロードショー
© 2019 Skydance Productions, LLC, Paramount Pictures Corporation and Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

「タイタニック」

ジェームズ・キャメロン監督が語る、「タイタニック」主演レオナルド・ディカプリオ抜擢の理由は? 「オーディションに彼が現れたとき…」

2019年2月15日
「タイタニック」

レオナルド・ディカプリオ、実は「タイタニック」のあの台詞が嫌で仕方なかった! 名場面の誕生秘話を監督が暴露

2019年2月13日
「アバター」

ジェームズ・キャメロン監督「アバター」続編のタイトルが流出! 直撃された監督のコメントは?

2019年2月8日
クリス・プラットと、キャサリン・シュワルツェネッガー

クリス・プラット、アーノルド・シュワルツェネッガー娘キャサリンとの婚約を発表

2019年1月14日
tvgrooveをフォロー!