スクーター・ブラウン、テイラー・スウィフトとの版権騒動でついにコメント!? あるメッセージ投稿が話題に

スクーター・ブラウンと、テイラー・スウィフト

人気歌手テイラー・スウィフトと、過去の音楽の版権問題で揉めている敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンが、テイラーに宛てたと思われるメッセージを投稿した。

今年6月、テイラー・スウィフトがデビュー時から去年まで所属していた、カントリー音楽に特化したレコード・レーベル「ビッグ・マシーン・レコード」が、ジャスティン・ビーバーなどを手掛ける敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンの会社に約300億円で買収されたことがニュースに。この事実を知ったテイラーは、スクーターがこれまでジャスティンやカニエ・ウェストを利用して自分のことをいじめてきたこと、そんなスクーターに自身の過去の楽曲の権利を奪われてしまうことにショックを受け、また「ビッグ・マシーン・レコード」に楽曲の権利を持たせてもらうことができなかったことをSNSで明らかにした。

さらにテイラーは2020年11月から、過去の楽曲全てを再レコーディング&再リリースすることを発表したが、今週末開催される音楽授賞式「アメリカン・ミュージック・アワード 2019(AMA)」でのパフォーマンスを前に、11月14日、スクーター・ブラウンと「ビッグ・マシーン・レコード」のスコット・ボーチェッタに「テレビで過去の楽曲をパフォーマンスしてはいけない」「ネットフリックスで製作中のテイラーのドキュメンタリーで、楽曲を使用してはいけない」「もししたければ、来年以降に可能となる再レコーディングをするな」と言われたと長文で投稿し、多くの人たちがテイラーへのサポートを表明した。

その後、「ビッグ・マシーン・レコード」はテイラーが過去曲をパフォーマンスすることを承認する声明を発表。さらにスクーターもテイラーに宛てたと思われるメッセージを投稿し話題となっている。

11月19日、スクーターは「Kindness is the only response(優しさだけが唯一の返答です)」という言葉を投稿。スクーターはこの投稿に「座右の銘」とキャプションを添えた。

View this post on Instagram

Words to live by 😁

A post shared by Scooter Braun (@scooterbraun) on

かねてからスクーターはテイラーと直接話をして解決したいと明かしていたが、その場をもうけてもらうことはできず、また今回の版権問題も「ビッグ・マシーン・レコード」のスコットに振り回されていたとも報じられていた。

スクーターの投稿にネットユーザーたちは「拍手」の絵文字や、手を合わせている絵文字を投稿し、テイラーと穏便に解決してほしいと願っているファンも少なくないようだ。

テイラー・スウィフト、版権バトルの末、無事AMAで過去曲をパフォーマンスする許可が降りる! しかしまだまだ課題が…?

2019年11月20日

テイラー・スウィフトに楽曲を使用させないように命じたという「ビッグ・マシーン・レコード」がテイラーの言い分を真っ向から否定! 対するテイラー側はさらに証拠を提出

2019年11月17日

助けを求めるテイラー・スウィフトに著名な友人らが続々サポート! “敵側”ジャスティン・ビーバーも意味深コメント

2019年11月16日

セレーナ・ゴメス、助けを求めるテイラー・スウィフトを完全擁護! 「それは強欲さ、巧妙な操作、権力です」と訴える[写真あり]

2019年11月16日

テイラー・スウィフト、自分の曲の権利奪われ、パフォーマンス&ドキュメンタリーで曲が使用禁止に! 激怒のメッセージを投稿、ファンに助け求める[全文訳あり]

2019年11月15日
Taylor Swift - Beautiful Ghosts (From the Motion Picture Cats)

テイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェバーが映画『キャッツ』のために書き下ろした新たなオリジナル・ソング「Beautiful Ghosts」をリリース

2019年11月15日