『スター・ウォーズ』での人種差別を批判したジョン・ボイエガ、ディズニーと「率直な話し合いをした」と告白! 彼が声を挙げ続ける理由とは

ジョン・ボイエガ
ジョン・ボイエガ

人気SFシリーズ『スター・ウォーズ』の続3部作にて、黒人俳優として初めてメインキャラクターのフィン役に抜擢されたジョン・ボイエガ。しかし彼は以前、「黒人キャラクターは実質的に脇役に追いやられた」とディズニーを批判して注目された。そんな中、今回ジョンがディズニーと“正直な話し合い”をしたことを明かした。

ジョン・ボイエガは9月、GQマガジンのインタビューにて「プロジェクトに参加できたとしても、全てが思うようにできるとは限らない」と語り、「ディズニーは、黒人キャラクターをすごく重要な役割を担う存在であるかのように宣伝するけど、実際の作品内では脇役に追いやられている。率直に言って、それはよくない」と告白した。

最新の『スター・ウォーズ』シリーズでは唯一の黒人キャラクターであるフィンを演じたボイエガは、当初は最新作のキーとなる人物として紹介され、2015年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では自身のライトセーバーまで手にしている。しかし、作品が進むにつれて、唯一のアジア系俳優であるケリー・マリー・トランとともに存在感のないキャラクターになってしまっているのだ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@hollywoodreporter on @smallaxeseries ❤️❤️????

John Boyega(@johnboyega)がシェアした投稿 -

今回ジョンはThe Hollywood Reporterに対し、9月のインタビュー後に「ディズニーのエグゼクティブから連絡があり、話をした」と明かした。

このエグゼクティブとの会話について「とても正直で、全てがクリアな会話ができた。彼ら側の観点からの説明がたくさんあった。向こうは、僕が体験したことを説明する機会も作ってくれた」と、本音で語り合えたと語ったジョン。

さらにジョンは有色人種の俳優たちは、カメラの前でもそうでなくても、環境を変えるために希望を持ち声をあげていくべきだと話し、「僕のように自分のキャリアにとてもオープンな人が、次世代の撮影監督やプロデューサーになりたい人達の希望になるといいなと思っている。こういった(人種差別への意見など)の会話が、タブー視されすぎないことを願っているよ」と語った。

ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の理想のストーリーを明かす! さらに今後はアニメ版への出演も…?

2020年10月26日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、テレビドラマ「Small Axe」予告編に登場! 実在するロンドン警視庁の警察官を演じる[動画あり]

2020年9月23日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』フィン役ジョン・ボイエガがディズニーのキャスティングを批判! 「黒人は脇役に追いやられる」

2020年9月3日
スピーチをするジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、デモで涙ながらにスピーチ 「キャリアなんでどうなってもいい」と訴える彼をマーク・ハミルらSWチームが称賛[動画あり]

2020年6月4日
ジョン・ボイエガ

『スター・ウォーズ』フィン役のジョン・ボイエガ、「金!金!金!」とツイートし炎上! またネットで爆弾発言、ファンはガッカリ

2020年2月25日
tvgrooveをフォロー!