ディオール、敗訴したジョニー・デップを引き続き香水「Sauvage」の広告塔に 「デップを支持するブランドの一つ」

ジョニー・デップ
ジョニー・デップ(Diorのインスタグラムより)

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどで知られる人気俳優のジョニー・デップ。彼は、今年7月に名誉毀損裁判に敗訴したことで世間を賑わせた。そんな中、長年ジョニーを香水「Sauvage」の広告塔としていた人気ブランドDior(ディオール)は、これまでと変わらず、彼をこのまま続投させていくという。PageSixなどが報じている。

ジョニーといえば、英メディア「ザ・サン」誌に対する名誉毀損裁判を起こすも敗訴。さらに上訴する意思を表明していたが、却下されてしまった。敗訴した後、『ファンタスティック・ビースト』の最新作『ファンタスティック・ビースト3(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them 3)』の降板を表明するなど、世界に衝撃を与えた。

そんな中、懸念されたのは、ジョニーが広告塔を務めるディオールの香水「Sauvage」だ。しかしレポートによると、彼がこの役目を降りることはないという。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dior Official(@dior)がシェアした投稿

先日、「Sauvage」のCMがイギリスのテレビで放映された。ガーディアン紙によると、ジョニーはこのTVスポットのために300万〜500万ドルの報酬を得ていたという。イギリスのPR専門家であるマーク・ボコウスキーは、ディオールがジョニーを降ろすことを支持していたが、彼らがそうしなかったことも理解できると語った。「ディオールがデップとの関係を断つとすれば、それは賢明だと思う」「本当にその気になれば、彼らは“ボタン”を押せば何でも止められる」と、今後ジョニーが下ろされる可能性についてもコメントした。

PageSixは、「ディオールは、ザ・サンに対する名誉毀損訴訟で敗訴し、ワーナー・ブラザースと『ファンタスティック・ビースト』のフランチャイズから不名誉にも捨てられたデップを支持する、唯一のブランドの一つだ」と報じている。

ジョニー・デップ

ジョニー・デップ、敗訴した名誉毀損裁判の上訴を却下される!理由はいったい・・・?

2020年11月26日
マッツ・ミケルセンとジョニー・デップ

マッツ・ミケルセン、『ファンタスティック・ビースト3』でジョニー・デップの後任としてグリンデルバルド役を演じることが正式に決定

2020年11月26日
ジョニー・デップ

敗訴したジョニー・デップ、牢屋の中でトロフィーを持ちポーズ! 彼は今一体どこにいる?[写真あり]

2020年11月25日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップのファンたちが、ジョニーの暴行疑惑をネタにしたアニメに激怒! 問題となったシーンとは[写真あり]

2020年11月24日
ジョニー・デップ

ジョニー・デップと過去に共演した俳優、ジョニーの“優しさ”について語る!さらに裁判に敗訴したジョニーに対してもコメント「私が言えるのは彼は素晴らしい人」

2020年11月24日
tvgrooveをフォロー!