人気ロックバンド「ウォーク・ザ・ムーン」のフロントマンのニコラス・ペトリッカが、バイセクシャルであることを告白! LGBTQ+コミュニティに愛溢れるメッセージを投稿[動画あり]

「ウォーク・ザ・ムーン」ニコラス・ペトリッカ
「ウォーク・ザ・ムーン」ニコラス・ペトリッカ

シャット・アップ・アンド・ダンス」が世界中で大ヒットした、人気バンド「ウォーク・ザ・ムーン」のフロントマンとして知られるニコラス・ペトリッカが、バイセクシャル(両性愛)であることを告白した。

「ウォーク・ザ・ムーン」はアメリカ・オハイオ州出身の4ピース・バンドで、2012年にデビュー・アルバム「ウォーク・ザ・ムーン」でメジャー・デビュー。80年代の要素が絶妙にちりばめられたシングル「シャット・アップ・アンド・ダンス」は、米ビルボードのチャート「HOT100」で9週連続トップ5入り、全英チャート3週連続トップ5入り、日本のiTunesオルタナティヴ・チャートでは堂々1位を獲得するなど世界的ブレイクを果たした。

そんな「ウォーク・ザ・ムーン」のフロントマンとして知られるニコラス・ペトリッカが、このたびバイセクシャル(両性愛)であることを告白した。

ニコラスはインスタグラムで、5分弱に渡る動画を投稿。その中でニコラスは「こんにちは、ぼくは『ウォーク・ザ・ムーン』のニコラスです。ぼくはバイセクシャルです」と、動画の冒頭から告白。

さらにニコラスは「ぼくはこの人生ずっと“普通の人”で、性別的にストレートの男性で、これはぼくに特権の人生を与えてくれました。ぼくのセクシュアリティに関して、悪口を言われたり、いじめられたり、苦労することはほとんどありませんでした。ぼくの心はぼくよりもはるかに大変な経験をした多くのLGBTQ+の人々と同じです」と明かし、また「ぼくはこのことを言うためにここにいます。ぼくはバイセクシャルです。ぼくは男性と女性の両方に惹かれ、そして男性と女性両方と経験があり、それを誇りに思っています。セクシュアリティは多種多様であると信じ、そしてほとんどの人はおそらくこの多彩な中のどこかにいると思います。そしてあなたがあなたの人生の中で、誰かと特別なタイプの経験をしてもしなくても、あなたはLGBTQ+の人になれると信じています」と、同じ気持ちにいる人々へ熱いメッセージを送り、そしてLGBTQ+へのサポートの気持ちを語った。

 

この投稿をInstagramで見る

 

today is the last day of Pride Month here in the year 2020, and i think it’s time i said that. my whole life i have passed for a “normal person”, cisgender straight guy, and this has afforded me a life of privilege. virtually no name-calling or bullying or hardship around my sexuality really at all. my heart is with so many LGBTQ+ human beings who have had a much more challenging experience than i have. AND i believe in what Harvey Milk said… (i’m paraphrasing) that when the collective as a whole, when people as a whole realize that we are everywhere… that we are your children, that we are your mothers and fathers and brothers and sisters… that we have been with you and among you and are you and have been this whole time… *that’s* the moment when the myths, the bullying, and the inequality will end. so to the extent to which this message serves that end, and to the extent to which it serves you - whoever you are watching this, whatever your situation is, if this gives you a degree of courage, confidence, if this gives you 1% more permission to be unapologetically yourself - then f u c k y e a h. i’m here to say: i am Bisexual. i have feelings for, am attracted to both men and women, and i have had experiences with both men and women, and i’m proud of it. i believe that sexuality is a spectrum, and i believe that most people probably live somewhere in between these far ends, heteronormative ends of this spectrum. and i believe that you can be an LGBTQ+ person whether you have had a particular type of experience with someone yet, or ever, in your life. i want you to know whoever you are, however you’re built, however you were created, however you share your love with another human being, I LOVE YOU. and God loves you. Jesus loves you. the Universe loves you. and whatever the social-normative-narrative-programming-mainstream-whatever would have us believe - you are 100% grade-A beautiful perfect complete human being, and you are loved. and for you to be 100% free to be yourself - this is vital. and it’s vital to our future. it’s vital to the whole world, and to me. *continued in comments*

Nicholas Petricca(@nicholaspetricholas)がシェアした投稿 -

最後にニコラスは「あなたは100%すばらしく、美しい完璧な人間であり、あなたは愛されています。そして、あなたがあなたらしくあるために100%自由になること、これは不可欠なのです。そしてそれは私たちの未来にとっても不可欠です。全世界にとって、そして私にとっても不可欠なことなんですよ」と愛のある言葉を送った。

ライアン・エヴァンスを演じた、ルーカス・グラビール

「ハイスクール・ミュージカル」のあのキャラクターはゲイだったと監督が告白! 劇中でカミングアウトしなかった理由とは…?

2020年7月2日
テイラー・シリング

「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」テイラー・シリング、同性愛者であることをついにカミングアウト

2020年6月30日
スポンジ・ボブ

人気キャラクター「スポンジ・ボブ」は実はゲイだった!? カミングアウトなのではないかという投稿が話題に[写真あり]

2020年6月15日
ジャスティス・スミス

『名探偵ピカチュウ』ジャスティス・スミス、LGBTQであることをカミングアウト 黒人クィアやトランスジェンダーへの支持を呼びかける[写真あり]

2020年6月8日

トム・ホランド、今後スパイダーマンがゲイだとカミングアウトする可能性について語る

2019年7月5日
tvgrooveをフォロー!