何の抵抗もなく最終投票できた! 異例の2020年TCA賞 エル・ファニング、「ザ・グレート」に一票を投じられなくて、ごめんなさい!

映画「女王陛下のお気に入り」のクリエイター、トニー・マクナマラの手になる「ザ・グレート」は、「ところどころ史実に基づいたストーリー」の但し書き付きダーク・コメディ。ロシア皇帝ピョートル3世(ニコラス・ホルト)に嫁いだエカチェリーナ2世(エル・ファニング)の波乱万丈の宮廷人生を描く。TCAでは高く評価されたものの、知名度の高いファニングが、エミーには全く無視されたのは何故だろう?

新型コロナウィルスの蔓延で国の機能が完全に麻痺してしまったお陰で、今夏のTCAプレスツアーはキャンセルとなりました。何もすることがない夏になると嘆いていましたが、7月28日から8月11日までPBS公共放送とケーブル局及びストリーマーは、初めての試みバーチャル・プレスツアーを開催しました。

このような異常事態に、毎夏開催されるTCA賞授賞式をどうするのかについて答えを求められたのは4月初旬でした。私は今年は見送る方に投票したのですが、6月に例によって例の如くノミネーション(各カテゴリーに4俳優/作品)の催促があり、今回も反対票は無視されたことが判明しました。投票させておいて、何もかもTCA幹部が勝手に決める独裁政治は今に始まったことではないので、最初から期待はしていませんでしたが、少なくとも賛成と反対票数を発表するべきではないでしょうか?そして極めつけは、授賞式はエミー賞と同様、9月早々にバーチャルで行うとの知らせがありました。

今年はまだ時間があるので、昨年7月1日に発表した「今年もTCA賞のノミネーションを見て、ガッカリ!ガックリ!」と同様、第一次選考時に私が選んだ俳優や作品と最終候補に残った俳優や作品を比べてみました。私が吟味してノミネートしても、最終候補に残る俳優/作品は、私の第一次選考リストからは程遠く、「私って、本当にメジャーじゃないのだ!」と嘆き続けて来た訳ですが、数年前に1年の総決算として好きな作品と俳優を網羅して提出すると居直りました。今年も、どうせ大きく外れるだろうと投票しましたが、意外や意外!個人功労賞ドラマ部門、最優秀ドラマ、最優秀コメディでは、1俳優/1作品が最終候補に挙がっており、何の抵抗もなく最終選考できました。

困ったのは、個人功労賞コメディ部門、2019~2020年シーズンの最優秀作品賞、2019~2020年シーズンの最優秀新作賞とミニシリーズ/限定シリーズ部門最優秀作品賞で、2俳優/2作品が私のリストと一致してしまい、(こんなことはこれまで経験したことがないので)最終投票する時点でも、どちらに軍配を上げるべきか大いに迷いました。悩みに悩んだ結果、一番上の俳優/作品に落ち着きました。

 

*個人功労賞ドラマ部門

My Pick
TCA Final nominees/shows
ケイトリン・ディーヴァー
ケイトリン・ディーヴァー
タイタス・ウェリヴァー
ケイト・ブランシェット
クリスティーン・バランスキー
レジーナ・キング
タイラー・ラビーン
マーク・ラッファロ
リア・シーホーン
ジェレミー・ストロング
メリット・ウィーヴァー

「アンビリーバブル たった1つの真実」で、主人公マリー・アドラーを見事に演じたケイトリン・ディーヴァー。7月末に発表されたエミー賞候補の限定シリーズ助演女優賞にトニー・コレットが挙がっているのは、知名度の高い俳優好きなテレビアカデミーの伝統だ。ゴールデン・グローブ程、新し物好きではないが、ディーヴァーに注目したTCAも捨てたものではない?

*個人功労賞コメディ部門

My Pick
TCA Final nominees/shows
キャサリン・オハラ
キャサリン・オハラ
エル・ファニング
エル・ファニング
アニー・マーフィー
パメラ・アドロン
ダン・リーヴィ
クリスティーナ・アップルゲイト
イッサ・レイ
ラミー・ユーセフ

「シッツ・クリーク」のベテラン女優キャサリン・オハラか、「ザ・グレート」でドラマとコメディの微妙な綱渡りをして実力を発揮したエル・ファニングのいずれを選ぶべきか?「シッツ・クリーク」が完となり、今回しか受賞チャンスがないので、オハラを選んだ。

*最優秀ドラマ賞

My Pick
TCA Final nominees/shows
「ザ・グッド・ファイト」
「ザ・グッド・ファイト」
「BOSCH/ボッシュ」
「キング・オブ・メディア」
「ニュー・アムステルダム」
「ベター・コール・ソウル」
「All Rise/オール・ライズ」
「ザ・クラウン」
「ユーフォリア」
「POSE/ポーズ」

「ザ・グッド・ファイト」に勝るドラマはないと思っているのは、私だけなのか?あれだけの秀作でありながら、エミー賞でも今年は完全に無視されている。それだけ優れたドラマが出て来たとは思えないのは、私の偏見なのか?

*最優秀コメディ賞

My Pick
TCA Final nominees/shows
「シッツ・クリーク」
「シッツ・クリーク」
「ザ・グレート」
「デッド・トゥ・ミー~さようならの裏に~」
「シリコン・バレー」
「Better Things」
「オン・ビカミング・ゴッド」
「グッド・プレイス」
「インセキュア」
「シェアハウス・ウィズ・バンパイア」

有終の美を飾った「シッツ・クリーク」に乾杯!ローズ一家は、(左から)長女アレクシス(アニー・マーフィー)、ジョニー(ユージン・レヴィ)、モイラ(オハラ)、長男デビッド(ダン・レヴィ)。昨年からエミーでも注目を浴びて、今年も全員コメディ部門の主演/助演にノミネートされているが、エミーは全く当てにならないので、TCA賞だけでも獲得して欲しい。

*2019~2020年シーズンの最優秀作品賞

My Pick
TCA Final nominees/shows
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「ミセス・アメリカ」
「ミセス・アメリカ」
「ザ・グッド・ファイト」
「シッツ・クリーク」
「ニュー・アムステルダム」
「キング・オブ・メディア」
「ベター・コール・ソウル」
「ウォッチメン」

「アンビリーバブル たった1つの真実」に是非獲得して欲しいが、何しろ強敵が多すぎる?「ミセス・アメリカ」が本命か?オタク要素の強い「ウォッチメン」はTCA会員好みではある。

*2019~2020年シーズンの最優秀新作賞

My Pick
TCA Final nominees/shows
「Zoey’s Extraordinary Playlist」
「Zoey’s Extraordinary Playlist」
「ザ・グレート」
「ザ・グレート」
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「マンダロリアン」
「フォー・オール・マンカインド」
「ザ・モーニングショー」
「ウォッチメン」
「私の”初めて”日記」

地上波局唯一ノミネートされた「Zoey's Extraordinary Playlist」は、「クレイジー・エックス・ガールフレンド」のようなミュージカル。NBC期待の新作か「ザ・グレート」のいずれを選ぶべきか、最後の最後まで迷った。

*ミニシリーズ/限定シリーズ部門最優秀作品賞

My Pick
TCA Final nominees/shows
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「アンビリーバブル たった1つの真実」
「ミセス・アメリカ」
「ミセス・アメリカ」
「ビカミング」
「リトル・ファイアー~彼女たちの秘密~」
「ジェフリー・エプスタイン:権力と背徳の億万長者」
「ノーマル・ピープル」
「プロット・アゲンスト・アメリカ」
「ウォッチメン」

「ミセス・アメリカ」は、米国の歴史と現状に至った経緯をそれは見事に綴った秀作で、エミー賞限定シリーズ作品賞、主演女優賞ケイト・ブランシェット、助演にはウゾ・アドゥバ、マーゴ・マーティンデール、トレーシー・アルマンがノミネートされている。誰もが投票するであろう本命ではなく、ここでも敢えて穴馬「アンビリーバブル たった1つの真実」に投票した。

home

黙示録のような悪夢の毎日に、一抹の光!安住の地を失くした私に、仮初めのオアシスを見せてくれた新ドキュメンタリー「ホーム」

2020年7月28日

「ミセス・アメリカ」が描く米国二極化の起源 超保守派フィリス・シュラフリーは、オルタナ右翼派に支えられるトランプの前身!? 

2020年6月17日

[ネタバレ]「グッド・ファイト4」は、トランプの悪政が法曹界に残した爪痕を描く 召喚状を無視するなど朝飯前!特権階級が牛耳る無法国家になり下がった米国の惨憺たる現況

2020年6月1日

[ネタバレ]「キリング・イヴ3」プレミアを繰り上げ!予定より2週間も早くデビューしたのは、長期自宅待機で観るものがなくなった視聴者を激励するため BBCAmericaの粋な計らいはエミー賞に繋がるか?

2020年5月25日

[ネタバレ]「グッドガールズ:崖っぷちの女たち3」蟻地獄から這い出せなくなった3人を観るのが辛い!?と言うより、一旦ヤクザな商売に手を染めると、決して堅気には戻れないと悟ると、もう勝手にして!と思うから不思議

2020年5月20日
tvgrooveをフォロー!