『スター・ウォーズ』、登場人物が実年齢より老けて見えるあの謎がついに解明!? スピンオフドラマ「マンダロリアン」の中にヒントが隠されていた

『スター・ウォーズ』
『スター・ウォーズ』

映画『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の頃、オビ=ワン・ケノービは25歳の設定だった。これを考えると、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』ではまだ57歳だったということになる。そしてハン・ソロやルーク・スカイウォーカーも、この映画では実年齢よりかなり老けて見えるのだ。

とくに、オビ=ワン・ケノービはまだ中高年であるにも関わらず、かなり年老いているように見える。さらに言えば、オビ=ワンを演じたアレック・ギネスは当時63歳だったが、それよりもさらに老けて見えるのだ。

いずれにしろ、オビ=ワンが設定年齢よりも老け、か弱く描かれたという点について、ファンは考え直さなければいけないだろう。なぜなら、今回「マンダロリアン」に再登場したボ=カターンは、他のキャラクターたちの時間経過の仕方と明らかに異なるものがあったからだ。

ボ=カターンが「マンダロリアン」に登場した際、彼女が老けていたのは明らかだった。しかしそれは、年相応のものだ。「クローン・ウォーズ」では彼女は20代に見えたため、「マンダロリアン」では40代もしくは50代前半だろう。実際、ボ=カターンを演じたケイティ・サッコフは40歳のため、違和感がないと言える。しかし新三部作と続三部作のオビ=ワンの見た目を比べてみると、明らかにおかしいのだ。

Disney+ (ディズニープラス)

なお続三部作では、レイア・オーガナやルーク・スカイウォーカーも「老人」として描かれている。ルークを演じたマーク・ハミルは当時65歳くらいであっただろうから、ルークの年齢は53歳くらいの設定だったはずだ。レイアは、54歳ほどで過労の上命を落としたことになる。

そこで考えてみてほしいのは、ルークもレイアも、そしてベン=ケノービもすさまじい量のフォースを扱ってきたということだ。もしかすると、彼らを老けさせた要因はここにあるのかもしれない。

一方、「マンダロリアン」に登場したボ=カタンは白髪こそあったものの、「老人」ではなかった。どのように考えても、「老人」といえる年齢ではないからだ。ルークやレイアが実年齢より老けて描かれていたのは、中高年に対する偏見も含まれていたのかもしれない。しかし今回ボ=カタンが年相応の姿で登場したことで、その疑いも晴れそうだ。

幼いアナキン・スカイウォーカー

『スター・ウォーズ』ジョージ・ルーカス、9歳のアナキンを主人公にするのは「シリーズを破滅させる」と言われていた! 過去のインタビューで熱く語る内容が今話題に

2020年11月16日
ジョン・ボイエガとオスカー・アイザック

『スター・ウォーズ』ジョン・ボイエガ、ポー役オスカー・アイザックとの2ショットを投稿でファン歓喜! 爆笑のコメントを添える[写真あり]

2020年11月13日
『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』

『スター・ウォーズ』、エピソード5でルークがヨーダのもと修行した“悪の洞窟”の謎が明らかに

2020年11月13日
ジョージ・ルーカス

ジョージ・ルーカス、『スター・ウォーズ』エピソード7~9の構想と監督を務めなかった理由を明かす! 「〇〇に専念しようと決意したんだ」

2020年11月12日
マンダロリアン

『スター・ウォーズ』のスピンオフドラマ「マンダロリアン」、彼は善人?悪人?新しいヒーローの描かれ方に注目

2020年11月11日
tvgrooveをフォロー!