アレック・ボールドウィンの「引き金を引いていない」発言が波紋! 保安局がコメントを発表する事態に「銃が簡単に発射されることはない」

アレック・ボールドウィン
アレック・ボールドウィン

10月に発生した、俳優のアレック・ボールドウィンが主演をつとめる映画『Rust』の撮影現場における拳銃の誤発射事故に関し、サンタフェ保安局のコメントが話題となっている。

撮影のリハーサル中、アレック・ボールドウィンの持っていた小道具の銃が発射され、撮影監督のハリナ・ハッチンスが死亡、監督のジョエル・ソウザが負傷した。

そんな中、これまで沈黙を守ってきたアレックが先日、事故後初めて、米ABCチャンネルの対面インタビューに応じ、「引き金は引かれていない。私は引き金を引いていないんだ。僕は誰かに拳銃を突きつけたりしてなんかいないし、決して引き金を引いたりなんかしていない」と主張。

また、実弾が込められていた経緯についても「全くわからない。誰かが実弾を用意したんだろう。そんなもの、現場にあるはずないんだから」と潔白を訴えた。

そんなアレックのこの主張を受けて、管轄のサンタフェ保安局がコメントを発表した。

保安官のエイダン・メンドーサはFoxニュースの取材に対し、「拳銃が簡単に発射されることはありません」と語ると、「ですので、銃を発射させるために何らかの操作が行われたか、もしくは彼自身が行ったと考えられます。そして、そのような状態の銃が彼の手の中にあったのです」と、拳銃が勝手に暴発する可能性を否定したのだ。

一方、その後Buzzfeedニュースが入手した、拳銃業界の関係者でもある2人の退役軍人の話によると、「意図的に引き金を引くことなく、銃が発砲される可能性はある。ハンマーが戻っていて銃弾が装填されている状態であれば、軽く触れただけで銃を発射することができる」とのことだった。

なお、この事故については、拳銃の管理担当だったスタッフも「濡れ衣を着せられている」として裁判所に訴えている。

アレック・ボールドウィンと、ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニー、銃誤射事件を起こしたアレック・ボールドウィンを批判! 「銃を確認しないなんて、ありえない」・・これにアレック本人が真っ向反論

2021年12月6日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件は「人生最悪のできごと」・・事故後初のインタビューで涙、発砲については否定「私は引き金を引いていない」[動画あり]

2021年12月3日
アレック・ボールドウィン

映画撮影現場の銃誤射事件でアレック・ボールドウィンと映画のプロデューサーが訴えられる「彼はロシアンルーレットをすることを選んだ」「彼らの行動は無謀」

2021年11月19日
アレック・ボールドウィン

銃を誤射したアレック・ボールドウィン、映画のシーンで「銃の引き金を引くはずではなかった」 新たな訴訟でわかってきたこととは・・?

2021年11月14日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン銃誤射事件、なぜ実弾が装填されていたのか? 銃を用意した武器担当者は「ハメられた」と何者かによる妨害行為の可能性を主張

2021年11月12日
ヒラリア・ボールドウィンのインスタグラムより

銃誤射事件のアレック・ボールドウィン、笑顔でハロウィーンの家族写真に参加!これにはネット上で非難殺到・・・「ただただ残酷で不適切」[写真あり]

2021年11月3日
左からハリナ・ハッチンス、アレック・ボールドウィン、ジョエル・ソウザ

アレック・ボールドウィン、誤射事故発生直後の会話記録が公開される! 状況が把握できずパニック状態になるキャスト、スタッフらのやりとりが明らかに・・「いったい何が起きたんだ」「足の感覚がない」

2021年11月3日
アレック・ボールドウィン

アレック・ボールドウィン、銃誤射事件が起きた映画の“今後”について沈黙を破る「この作品の撮影が再開されることは・・・」

2021年11月2日
tvgrooveをフォロー!