『スター・ウォーズ』の名作曲家ジョン・ウィリアムズ、新作ドラマ「オビ=ワン・ケノービ」のテーマ曲を制作へ! 厳重な警備の下、すでにレコーディングか

ジョン・ウィリアムズ
ジョン・ウィリアムズ

スター・ウォーズ』シリーズの作曲家が、最新作でもテーマ曲を手がけることがわかった。

世界中に熱狂的なファンを持つ、超大作スペースオペラ『スター・ウォーズ』シリーズにおいて、欠かせない存在と言えるのが作曲家のジョン・ウィリアムズだろう。

そんな彼が、今年5月からディズニーの動画配信サービス「ディズニープラス」で配信される『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフドラマ「オビ=ワン・ケノービ」のテーマ曲を手がけることが、Variety誌の取材で明らかになった。

▽Disney+ (ディズニープラス)入会方法

関係者によるとジョン・ウィリアムスは先週、厳重な警備の下、ロサンゼルスでオーケストラとのレコーティングに臨んだという。

なお、ジョンがドラマのテーマ曲を手がけるのは、2009年の「Great Performances」以来となる。

ジョンは1977年に公開された『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でアカデミー賞作曲賞を受賞。その後も『帝国の逆襲(1980)』『ジェダイの帰還』(1983)『フォースの覚醒』(2017)『最後のジェダイ』『スカイウォーカーの夜明け』(2019)でもノミネートされており、『スター・ウォーズ』の音楽はいまや誰もが一度は耳にしたことのある楽曲となっている。

そんなジョンは今年2月8日に90歳の誕生日を迎えた。しかし現在も、年齢を感じさせない多忙な日々を送っているようだ。今年11月に公開されるスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『The Fabelmans』や来年公開予定の『インディ・ジョーンズ』第5作の楽曲を手がけている。

今回の「オビ=ワン・ケノービ」テーマ曲の作曲家について、ディズニーとルーカスフィルムの広報担当者は正式なコメントを出していない。

『オビ=ワン・ケノービ』ビジュアル

『オビ=ワン・ケノービ』ディズニープラス独占 5 /25 (水)日米同時配信決定!『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』の10年後、オビ=ワン・ケノービとダース・ベイダーの物語を描く[画像あり]

2022年2月10日
グラハム・ハミルトン

”新”ルーク・スカイウォーカー役俳優、大役を引き受ける心境を告白! 「魔法のような経験」 『スター・ウォーズ』の一員になれたことによろこび爆発

2022年2月8日
セバスチャン・スタン

『キャプション・アメリカ』で一躍有名になったセバスチャン・スタン、『スター・ウォーズ』への出演に意欲! 「マーク・ハミルは僕の父だから(笑)」 マーク本人もセバスチャンのサポートを宣言

2022年2月4日
ヘイデン・クリステンセン

『スター・ウォーズ』ヘイデン・クリステンセン、なんと17年ぶりに名ゼリフ「フォースと共にあらんことを」を披露! 年を重ねた大人アナキンの姿にファン大興奮[動画あり]

2022年1月14日
ユアン・マクレガー演じるオビ=ワン・ケノービ

『スター・ウォーズ』オビ=ワン・ケノービはなぜ、惑星タトゥイーンにいることがバレなかったのか!? 実はカギとなるのはあの意外なキャラだった・・?

2021年12月8日
tvgrooveをフォロー!