海外ドラマのプレゼントに応募
Twitter
YouTube
Instagram
Facebook
Vine
注目トピックス
海外ドラマ・スター True Story~海ドラ・セレブの人生はドラマティック!~詳細

Vol.90 スーパーアイドル、セレーナ・ゴメス PART 5 「ウェイバリー通りのウィザードたち」放送開始!

2012年6月13日
今年2月、恋人ジャスティン・ビーバーが一押しするカナダ人歌手カーリー・レイ・ジェプセンの宣伝ビデオ的な動画を、ジャスティン、アシュレイ・ティスデイルらと制作したセレーナ・ゴメス。

ビデオはプライベートな時間に仲間で集まり作った簡単な作品ですが、アイドルたちの素の表情が見られて面白いと絶賛されました。また、セレーナとジャスティンがキス寸前までいくシーンもあり、エンターテイメント・サイトを賑わせました。

今回も、そんなお茶目なセレーナのバイオグラフィーを、ご紹介します!


■最初はぎこちなかった撮影現場

2007年15歳でディズニーの新番組「ウェイバリー通りのウィザードたち」の主役を務めることになったセレーナ。しかし、最初の頃の撮影現場は、よそよそしく気まずい雰囲気が流れていたそうです。

「最初のエピソードの撮影はとても気まずかったわ。現場では誰も軽口を叩かず、みんな黙ったままだし。それに、私は"パパきらいっ!"っていう台詞があったのよ」と回想するセレーナ。

一方マックス役のジェイク・オースティンは、「みんな新人だったし、観客の前で撮影するというシットコムの環境に慣れるまでに時間がかかったんだよ」と分析。

しかし、エピソードが進むについて、皆、撮影環境にも慣れ、自信をつけ、ノリがよくなり、気がつくと仲良しになっていたそうです。ハーパー役のジェニファー・ストーンは「家族のような存在になったのよ」とコメントしており、今ではなくてはならない存在だと述べています。


■いつも、そこにいる身近なスター

「ウェイバリー通りのウィザードたち」は2007年10月12日にプレミア放送。直後から大ヒットしました。ディズニー・チャンネルの会長、ゲイリー・マーシュは、「あぁ、また一人スーパースターが誕生したんだなって思ったね。観客はセレーナにグイグイ惹かれ、夢中になっていったんだ」と回想しています。

ゲイリーいわく、「セレーナの凄いところは、オフカメラでの行動なんだよ。いつでも、どこでも、ファンのためなら時間を割いて、丁寧に対応するんだ。いつもそこにいるという感覚をファンに与える、めずらしいタイプのスターなんだよ。お高くとまっても不思議じゃないのにね」とのこと。

「ウェイバリー通りのウィザードたち」がヒットしたことで、セレーナは憧れの女優、ヒラリー・ダフが主演した映画の続編TV映画「シンデレラ・ストーリー2:ドリームダンサー」に抜擢されました。共演したドリュー・シーレイとは兄妹のような関係を結んだとのことです。

その後、「プリンセス・プロテクション・プログラム」では無二の親友であるデミ・ロヴァートと共演。「仕事じゃないみたいだった。喧嘩のシーンは正直、やりにくかったけどね。だって、どなりつけて泣かすなんて・・・・・・」とセレーナは振り返っています。しかし、作品は好評で高視聴率をマーク。こうして、セレーナはスターダムを一気に駆け上がっていったのでした。


■ディズニーの上層に対して「ノー」!

どんどん人気が高まる中、ディズニーはセレーナに歌手としてデビューさせようという計画を立てました。しかし、セレーナは、「歌はやりたいけれど、このタイミングでは無理。まずは番組をしっかりとやりたいです」と一旦は辞退してしまいます。

ゲイリーは、この時のことを、「歌手としてのきっかけになるからと、彼女に『キャンプ・ロック』に出るようオファーしたんだけど、きっぱりと断られてね。あの時、我々はイラッとしてしまった」「でも、セレーナはまず女優としてしっかりと根づいて、ファンの心をがっちりと掴みたかったんだよ。本当に頭がいい子なんだ」と明かしています。

そして、16歳になり、セレーナは歌手になることを決心。ハリウッド・レコードと契約を結んだのでした。

<次回は、歌手としても大ブレイクした頃のセレーナ・ゴメスを取り上げます。お楽しみに!>